質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【アゲハチョウの卵】産む場所 時期 色や大きさ 育て方

アゲハチョウの卵を見つけようと思っていますか? アゲハチョウを飼うなら、孵化するところも見てみたいですよね。

それでも、アゲハチョウが卵を産む場所や時期、卵の色や大きさがわからないと、ほかの卵と間違えてしまうかもしれません。

この記事をご覧になれば以下の点がわかります。

  • アゲハチョウが卵を産む場所
  • アゲハチョウが卵を産む時期
  • アゲハチョウの卵の色や大きさ

これがわかれば、簡単に卵を見つられるでしょう。

卵が落ちた時の対策や卵の育て方も書いておきます。どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウの卵

産む場所は食草

アゲハチョウは卵をどこに産むのか。

通常は食草(幼虫の餌になる植物)に産みつけます。

アゲハチョウの食草に関しては、こちらの記事 をご覧ください。

アゲハチョウはどのように食草を見分けるのか。

まず目視で近づき、匂いを嗅ぎ、味覚がある前脚で葉っぱに触れて確認します。と言っても、完璧ではありません。

うちのベランダで、柑橘の近くにあったシソ(食草ではない)の葉にも産んでいました。

たまには間違えます。

産む時期は4~10月

アゲハチョウは卵をいつ産むのか。

概ね4~10月です。越冬個体は概ね4~5月に羽化。その後3~5回世代交代し、最終組は10月頃まで生きて、産卵を続けるということ。

1個体の総産卵個数は200~300個。生存日数(自然界での寿命は概ね2週間)によって変わります。

これは柑橘類の葉っぱに産卵しているところ。

成虫は1本の木の周りを飛びながら数個産卵し、別の木に移動します。1箇所に1個しか産まないということは稀です。

色は黄色から徐々に変化

アゲハチョウの卵はどんな色か。

これはナミアゲハの卵です。

最初はこのような黄色。

孵化が近づくと、このようにくすんできます。

黒い卵は寄生されているかもしれません。

有精卵、無精卵、寄生された卵など、孵化する卵と孵化しない卵の見分け方は、こちらの記事でご覧ください。孵化の動画もあります。

大きさは1~1.5mm

卵の大きさはどれくらいか。

これはナミアゲハが孵化したところ。卵の直径は1~1.2mmほど。

クロアゲハの卵

これはクロアゲハの卵。

クロアゲハやナガサキアゲハなど、大型種の卵は1.5mmほどになります。

アゲハチョウの卵一覧はこちらのサイト 蝶の卵図鑑 でご覧になれます。

卵が落ちた時の対策

卵は通常葉っぱや茎にくっついていますが、落ちてしまうことがあり得ます。

そうなった場合はひと工夫必要です。卵は固定されていないと、孵化する時にころがってしまい、幼虫が出てこれなくなるかもしれないからです。

卵が取れてしまった場合はどうすればいいのか。こちらの記事でご覧ください。

卵の育て方

アゲハチョウの卵は産卵後3~5日で孵化します。

卵の育て方は難しくありません。

食性や飼育方法はこちらの記事でご覧ください。

あとがき

以上、アゲハチョウの卵について書きました。お役に立てば幸いです。アゲハチョウの食草さえあれば、簡単に見つかるでしょう。

アゲハチョウの統括的な情報はこちらの記事でご覧ください。

2018/8/17,2022/12/30

動画アーカイブはこちら

チャンネル登録お願いします‼

豆知識
趣味のアゲハ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました