アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

【簡単】アゲハチョウの卵 孵化しない卵の見分け方

アゲハチョウの卵がありますか? その卵は待てど暮らせど孵化しませんか?

それは無精卵か寄生された卵かもしれません。

この記事をご覧になれば、アゲハチョウの有精卵と無精卵、寄生された卵を簡単に見分けられるようになります。

ついでに、かわいい孵化の動画もご覧ください。

アゲハチョウの孵化しない卵

アゲハチョウの孵化しない卵は、無精卵寄生された卵でしょう。

無精卵

無精卵とは受精していない卵のこと。

アゲハチョウの雌は他のほとんどの生物と同様に、交尾していなくても産卵します。

無精卵は産卵後間もないと、有精卵と区別がつきません。しばらく経つと変化が生じます。

これはうちで飼っていたナミアゲハの無精卵。

このとおり、最初は有精卵と見分けがつきません。

カーテンに産んでいました。

通常は食草に産卵しますが、食草がなければどこでも産みます。

これが10日ほど経って、

こうなりました。

くすんだオレンジ色に変色し、歪にへこんでいます

これが無精卵の特徴。見るからに、だめそうですね。

この件がわかったいきさつに関しては、こちらの記事をご覧ください。

アゲハ飼育日誌1963 無精卵の特徴 人工餌のレシピ
ナミアゲハがまさかの産卵。有精卵か無精卵か。もしもの孵化に備え、アゲハ用人工餌のレシピを教えていただいたのですが…。

 

スポンサーリンク

 

寄生された卵

寄生された卵はどんな感じでしょうか。

これは健康なナミアゲハの卵。孵化間近。

寄生された卵は黄色ではなく、モノトーン色です。

例えば、

これはおそらくタマゴコバチの蛹がひしめく卵。

時間が経つとこうなります。

見づらくてすみません。

これは穴が開いていますので、おそらく寄生虫が出ていった後でしょう。

寄生虫タマゴコバチに関しては、こちらの記事をご覧ください。

アゲハ飼育日誌1934 タマゴコバチ ”やくざ顔”無事羽化
かみさんが採ってきたのは黄色い卵と黒い卵。黒い卵からはタマゴコバチが出てくるかもしれません。”やくざ顔青虫”無事羽化。

 

スポンサーリンク

 

アゲハチョウの卵が孵化するまで

このように、無精卵は時間がたてば一目瞭然。寄生された卵は拡大して見れば、すぐにわかります。

では産卵後、有精卵にはどんな変化が現れるのでしょうか。

時間の経過と共に色がくすんできて、中の幼虫が見えてきます

孵化目前になると…

幼虫の口の動きまでわかりますね。

これはナミアゲハの孵化。10倍速。

大きさはどれくらいでしょうか?

卵の直径は1.2~1.3mm、幼虫は2mmほど。

これからもりもり食べて、4cm前後まで大きくなります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

ということで、アゲハチョウの卵の特徴をまとめるとこうなります。

有精卵: 徐々に色がくすんできて、中の幼虫が見えてくる
無精卵: 徐々にくすんだオレンジ色に変色し、歪にへこむ
寄生された卵: 黄色からモノトーン色に変わる

無精卵の特徴が現れるまでには、産卵後10日程度かかります。

以上、アゲハチョウの卵について書きました。

お役に立てば幸いです。

 

おまけ。

アオスジアゲハの終齢幼虫。

蚊取り線香の煙が出てきそう。

2018/8/17,2021/7/11

コメント

タイトルとURLをコピーしました