飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

アゲハチョウの卵 産卵場所 時期 色や大きさ 育て方は?

アゲハチョウの卵を見つけようと思っていますか? あるいは家にありますか?

孵化するのを待っているところでしょうか。

この記事では次の質問の答えが得られます。

  • アゲハチョウは卵をどこに産むの?
  • アゲハチョウは卵をいつ産むの?
  • アゲハチョウは卵を何個産むの?
  • 卵の色や大きさは?
  • 卵の育て方は?

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウの卵

この記事のアゲハチョウとはナミアゲハのことです。

産卵場所

アゲハチョウは卵をどこに産むのでしょうか。

通常は食草(幼虫の餌になる植物)です。

アゲハチョウの食草に関しては、こちらの記事 をご覧ください。

アゲハチョウはどのように食草を見分けるのか。

まず目視で近づき、匂いを嗅ぎ、味覚がある前脚で葉っぱに触れて確認します。

賢い。

と言っても、完璧ではありません。

うちのベランダで、柑橘の近くにあったシソ(食草ではない)の葉にも産んでいました。

たまには間違えます。

産卵時期

アゲハチョウは卵をいつ産むのでしょうか。

概ね3~10月です。

越冬個体は早ければ3月に羽化、越冬し損ねた個体は10月頃まで生きるということ。

これは自然界での話です。

産卵個数

1個体の総産卵個数は200~300個

生存日数(自然界での寿命は概ね2週間)によって変わります。

成虫は1本の木の周りを飛びながら数個産卵し、別の木に移動します。

通常、1回の産卵行動で産む個数は複数個。1個しか産まないということは稀です。

卵の色と大きさ

卵はどんな色でしょうか。

最初はこのような黄色。

孵化が近づくと、このようにくすんできます。

へぇー。

大きさはどれくらいかと言うと、

1~1.2mmほどです。

卵の育て方

卵は放っておけば、産卵後概ね3~5日で孵化します。

何もする必要はありません。

但し、卵が葉っぱから取れてしまったら、ひと工夫必要です。

卵は固定されていないと、孵化する時にころがってしまい、幼虫が出てこれなくなるかもしれないので。

どんなことをすればいいのか。こちらの記事でご覧ください。

アゲハ飼育日誌1920 卵を葉っぱにくっつける 細くなる
葉っぱから落ちた卵をくっつける方法 青虫は水様便をしてシュッと細くなる 落ち着かない蝶は虫かごに入れて暗幕で覆う

孵化の様子や孵化しない卵の見分け方は、こちらの記事でご覧ください。

あとがき

以上、アゲハチョウの卵について書きました。

お役に立てば幸いです。

孵化した幼虫の育て方はこちらの記事でご覧ください。

2018/8/17,2022/4/25

コメント

タイトルとURLをコピーしました