アゲハ飼育日誌1932 危機脱出 蛹10匹 懐かしい珍客

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第32稿:

前回の日誌の最後に「アゲハ飼育日誌存続の危機」と書きましたが、その事態は一応回避できました。(笑)

ようやく卵と幼虫が見つかりましたので。

今回はその話から。

​危機脱出

2019.8.1

かみさんがやっとアゲハの卵と幼虫を見つけてきました。

これです。

 

アオスジアゲハの卵2個と2齢幼虫1匹。

かみさんが友人宅から外に出たところ、飛んできた蝶が目の前で卵を産んでいったそうです。

狂喜乱舞の思いであったとのこと。

蝶はかみさんが出てくるのを待っていたのか。

卵は2個だけだったものの、すぐ近くにいた幼虫もゲットできたのでした。これで、とりあえず幼虫ゼロの事態は回避。

アゲハ飼育日誌 must go on です。

スポンサーリンク

 

蛹10匹

2019.8.2

現在我が家には蛹が10匹。部屋の中の3か所に分散しています。

ダンボール箱 … ナミアゲハ4匹
エッグスタンド … ナミアゲハ2匹
ビン刺し … アオスジアゲハ1匹
アクリルケース … ナミアゲハ2匹、クロアゲハ1匹

かみさんは幼虫(アオスジアゲハは除く)が最後の便をすると、枝や割り箸を貼り付けたアクリルケースに閉じ込めます。

そこで幼虫が糸掛けを済ませると、前蛹が張り付いた枝や割り箸を取り出し、このようにいろいろな場所に置いて、羽化を待ちます。

こうしておけば、さなぎになる時の脱皮や羽化の写真、動画を撮りやすく、置き物としても楽し気。

部屋の中なら寄生される心配もないでしょう。

スポンサーリンク

 

懐かしい珍客

2019.8.2~3

懐かしい珍客がやってきました。

 

カブトムシ♂

朝の出勤時、私が家を出たところ、団地の外廊下の排水路にはまっていたので、思わず拾って持ち帰りました。

近所にカブトムシが生息するような場所はありませんので、おそらくどこかの家から逃げ出したのでしょう。

逃げられた子供が泣いているかもしれません。

カブトムシは小学生の頃、毎年夏になると飼っていたので、郷愁を誘います。もう50年ぐらい前の話ですが、いまだにきゅうりの臭いをかぐと、「カブトムシ臭い」と思ってしまいます。

実は20数年前、門前仲町に住んでいた時にも、道でカブトムシを拾ったことがあります。ただ、それは雌でした。

やっぱり、カブトムシは雄じゃないといけません。

このやる気のない動き。

懐かしい。

うちに置いておくのはかわいそうなので、逃がそうと思っていたのですが、結局友人の子供(昆虫大好き少年)にあげることにしました。

我が家には1泊しただけでお別れ。

かみさんが作った移動用の箱に入って、新居に移っていきました。

友人の息子から送られてきた写真。

うちより全然待遇がよさそう。

あげて正解でした。

スポンサーリンク

 

おまけ

これはかみさんの拾い物。

ツユクサで羽化のご様子。これも夏の風物詩。

 

2019/8/4

コメント

タイトルとURLをコピーしました