質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌1949 ニューカマー 6頭羽化 見込み越冬隊

アゲハ飼育日誌2019年第49稿:

昨日東京は10日ぶりの快晴でしたが、それも束の間。

今日は曇天、夜から雨の予報で、羽化したアオスジアゲハ2頭はお泊りです。

ニューカマー

2019.10.17

この時期になって、我が家のアゲハたちに新しい種類の仲間が加わりました。

と言っても、蛹です。

ニューカマー、ジャコウアゲハの蛹。

実物を見たのは初めて。これまで飼育したアゲハとはだいぶかっこが違います。

かみさんが友人に連れられていった場所(友人宅の団地の壁)にたくさんいたとのこと。

こんな感じで。

そこはどんな環境なのかわかりませんが、ジャコウアゲハは建造物の壁で蛹化することが多いのか。

手が届かないほど高い所にも張り付いていたそうです。

速足で道路を横切る幼虫も。

おそらく蛹になる場所を探していたのでしょう。

かみさんが捕まえて安全な場所に移そうとしたら、近くにいた掃除のおじさんが「それには毒があるんだ。そんなの潰してしまえ」と言っていたとか。

たくさん犠牲になっているんでしょうね。

友人は「ここにしかいない蝶」と言っていたそうですが、かみさんは何の蝶だかわからず、自転車置き場とか、スロープの横とか、危なそうな場所にいた蛹5匹を持ち帰りました。

早速調べてみたところ、なんと、ツイッターやインスタグラムでたまに見る、羨望のジャコウアゲハでした‼

蛹ではありますが、我が家で飼育する5種類目のアゲハチョウ。

今はこうなっています。

ベランダは陽当たりがいいので、外廊下に置きました。

越冬を期待していますが、どうなるか。

 

6頭羽化

2019.10.22

ほぼ同時に6頭が羽化。

記録更新。

ナミアゲハ5頭、アオスジアゲハ1頭。

ナミアゲハ5頭は 今年の日誌41稿 に書いた幼虫たち。孵化したのは9月6日だったので、羽化まで一月半。

やはり夏場に比べると遅いですね。

翌朝、全員元気に飛び立っていきました。

団体でぱーっと飛んでいく姿を見るのは爽快です。

 

 

見込み越冬隊

2019.10.22

越冬を期待している”見込み越冬隊”は、ベランダのクスノキにアオスジアゲハ3匹、外廊下にナミアゲハ7匹、アオスジアゲハ4匹、ジャコウアゲハ5匹。

果たしてこの中で越冬するのは何匹か。

気温の低下に伴い成長の速度は遅いものの、発育はよく、夏場と同じように大きくなります。

これはナミアゲハの箱の中。

ぐんぐん大きくなり、羽化してしまいそうな気がします。

 

おまけ

10月20日。久方ぶりの孵化。

アオスジアゲハ。

せめてこれだけでも越冬してほしいと思っています。

 

2019/10/24,2022/2/6

コメント

タイトルとURLをコピーしました