アゲハ飼育日誌2009 越冬蛹羽化続く ジャコウ初の雌

アゲハ飼育日誌2020年第9稿:

4月初旬はまだ寒い日が多く、越冬蛹には羽化を待ってもらいたい時期ですが、なかなかうまくいきません。

越冬蛹の羽化続く

室内組越冬蛹が続けて羽化しました。

ジャコウアゲハ

2020.4.3~4

残っていたジャコウアゲハ4匹のうち3匹が羽化。

♂2頭目

まず、今季2頭目。

また雄でした。

前日の夜、羽化の兆候が見えたので、エッグスタンドに移動。

予想どおり、早朝に羽化していました。

今回気づきましたが、

ジャコウアゲハのオシッコって、ピンクなんですね。

まぁまぁ暖かい晴れた午後、元気に飛び立っていきました。

スポンサーリンク

 

初めての♀

その少し前に、今度は雌が羽化。

羽化3頭目にして初の雌です。

フォロワーさんから、雌は「カフェオレ色」と聞いていたとおり。

ナミアゲハやアオスジアゲハのようにお尻を見るまでもなく、雄雌の区別は一目瞭然。

私でもわかります。

開帳11センチ。

ナミアゲハよりちょっと大きいくらいでしょうか。

夕方5時28分。

微妙な時間でしたが、バタバタし始めたので、ベランダのクスノキにとめたところ、ひらひら飛んでいきました。

このあと、かみさんは雌だったことを思い出し、ウマノスズクサ(ジャコウアゲハの食草)の近くまで連れていけばよかったと、たいそう悔やんでいました。

「自分で見つけるんじゃない?」とは言ってみたものの、ウマノスズクサって、船堀界隈で生えているのかどうか。

そもそも私は見てもわかりません。

スポンサーリンク

 

♂3頭目

翌日9時頃。今季3頭目の雄が羽化。

これまで羽化したジャコウアゲハは4頭ですが、すべて例外なく脱け殻が下に落ちていることに気がつきました。

ナミアゲハもアオスジアゲハもクロアゲハも、脱け殻はポケットの中に残っています。

どんな出方をしているのか。ことごとく羽化の瞬間を見逃しているので、わかりません。

見るチャンスはあと1回。ちゃんと見れるかどうか。

拡大して見てみると、

顔と胴体は黒い毛と赤い毛で覆われています。

フォロワーさんから、ジャコウアゲハの雄は臭いと聞いていたので、匂いを嗅いでみました。

独特のいい匂いです。

思い切り鼻を近づけても微動だにしません。クロアゲハのようにおっとりした性格なのか。

スポンサーリンク

 

アオスジアゲハ

2020.4.4

ジャコウアゲハ♂3頭目のすぐあと、前回の日誌 に書いた、友人から託されたアオスジアゲハが羽化しました。

エッグスタンドに移す際に落下、殻が割れてしまいましたが、無事に羽化。

と思いきや、しばらくたっても後翅がくちゃくちゃのまま、ぴんと伸びません。

羽化の前に動きすぎたからか、直前に落としたからか。ちゃんと飛べるか心配です。

いずれにしても、この日はお泊り。

久しぶり。

スポンサーリンク

 

あとがき

やはり室内組は羽化が早いですね。

残りはジャコウアゲハ1匹。ベランダのアオスジアゲハ3匹に羽化の気配はまだありません。

桜にちらほら葉っぱが混じり始めました。

今年はコロナウィルス禍で花見客は激減。近所の新川千本桜も咲いたかいがなかったか。

 

バス通り 咲いてわかった 桜の木

 

街路樹はクスノキとシロダモ(どちらもアオスジアゲハの食草)しか把握していませんので。

アゲハ馬鹿。

 

2020.4.5

コメント

タイトルとURLをコピーしました