アゲハ飼育日誌2021 産卵場所 最初の蛹 青虫誕生

アゲハ飼育日誌2020年第21稿:

関東は昨日梅雨入り。羽化した蝶を放すかどうか、迷う日が続きます。

昨日は雨が降っていましたが、ナミアゲハを2頭放しました。

温かい雨でしたし、部屋の中で飛び回って、翅を傷付けるのもかわいそうなので。

産卵場所

2020.6.2

アゲハの産卵場所は新芽、若葉が理想的でしょう。そこなら孵化して卵の殻を食べた後、すぐ柔らかい葉っぱにありつけるからです。

と言っても、いつもそういう場所に産み付けるというわけにはいかないようで、硬い葉っぱや茎に産み付けられている卵があります。

かみさんはそういう卵を見かけると、かわいそうに思って持ち帰ってきます。

これもそうでした。

これは街路樹(クスノキ)の幹から出ていた新芽で、周りには葉っぱが全くなかったそうです。

もしこのままだったら、どうなったか。

孵化した幼虫は、ここにある葉っぱを食べ尽くした後、大木の遥か頭上にある葉っぱに辿り着けたかどうか。

昨年いただいたコメントでは、虫かごに入れていたナミアゲハが、餌(ミカンの果肉)に産卵したと書いてありました。

食草と言えば食草? 食草の実。

交尾した雌蝶は、とにかく産まないとだめなんですね。

スポンサーリンク

 

最初の蛹

2020.6.2

今季初の夏型羽化が近づいてきました。

蛹2匹が枯れ枝で見事に擬態しています。

グレー系と茶系。

同じナミアゲハですが、だいぶ大きさが違います。

これはおそらく 今年の日誌12稿 に載っている2匹です。となると、孵化したのは5月7日、前蛹になったのは5月24日、蛹になったのは5月26日。

それからちょうど1週間たっていますので、もういつ出てきてもおかしくありません。

今季最初の夏型羽化は間近です。

 

青虫誕生

2020.6.2

クロアゲハが青虫になるところを撮りました。

長いので途中からにしましたが、見飽きている人は飛ばしてください。

無事終了。

今のところクロアゲハはこれだけ。採取した時は確か2齢幼虫でしたので、寄生されていないか心配です。

スポンサーリンク

 

おまけ

2020.6.3

前回に続いて、異種、番外。

最近この虫がよくベランダに来ます。

ゴマダラカミキリ。

広食性のため、都市部でもよく見かけるとのこと。

そう言われてみると、毎年一度は見ているような気がしますが、うちのベランダに来たのは初めて。

壁にとまっていたり、床をのしのし歩いていたり。

枝に乗せると、しばらく人間界を見物してから、

飛んでいきました。

飛ぶ前にさりげなく排便。(笑)

カブトムシやクワガタと同じく、甲虫はおじさんの郷愁を誘います。

 

2020/6/12

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました