アゲハ飼育日誌2027 養子村 糸の再利用 冷蔵卵

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第27稿:

我が家のアゲハ飼育は今年で5年目を迎え、飼育ノウハウがだいぶ蓄積されてきました。

そのうち「豆知識」のほうにまとめたいと思っています。

今回もそんなトピックがあります。

養子村

2020.6.20

近所の友人から、ナミアゲハの幼虫を8匹を託されました。

放っておくと、義姉に殺されてしまうそうなので、時々うちで引き取っているのです。

このビン刺しは”養子村”と呼んでいます。

外で育った幼虫たちなので、寄生されていないか心配ですが、全部鳥の糞(2,3齢)なので、大丈夫ではないかと思っています。

おそらく同時期に蛹化、羽化するので、環境を整えておかなければなりません。

スポンサーリンク

 

糸の再利用

2020.6.21

アゲハの若齢幼虫は脱皮が近くなると食べるのをやめ、葉っぱの上でじっとしています。

そのような幼虫を、うっかり葉っぱから落としてしまいました。

同じ経験はありませんか?

そうなると、幼虫をまた葉っぱに乗せても、足場(張り巡らした糸)にうまく掴まれなくて脱皮できず、死んでしまうことがあります。

それで最初は化粧用コットンに乗せたのですが、繊維が絡まってしまうので、これを使いました。

アオスジアゲハが蛹化する時に張り巡らした糸の幕。

こんなものまで取っておくのは、うちのかみさんくらいでしょう。

これに幼虫を乗せると、

前に進んでしまいましたが、最後は葉っぱのへりに掴まって、何とか脱皮できました。

糸の再利用で救済。

しばらくして、脱け殻を目の前に置きましたが、食べませんでした。

コットンの繊維が付いているので、違和感を覚えたのでしょう。

アゲハを飼育している方は、こんな事態に備えて、蛹の脱け殻に付いている糸の膜を、1枚取っておいたらどうでしょうか。

転ばぬ先の糸になります。

追記:

化粧用コットンでも、水で湿らせれば(びちゃびちゃではない)大丈夫でした。

スポンサーリンク

 

冷蔵卵

2020.6.21~22

冷蔵庫に保存していたクスノキの葉っぱに、アオスジアゲハの卵が付いていました。

庫内の温度は2~5度。1週間くらいは入っていたので、もうだめかと思っていたら、

ちゃんと孵化しました。

気づかずにまだ放置していたら、卵は死んでいたでしょう。

食草を冷蔵庫に保存する時は、くれぐれもご注意ください。

スポンサーリンク

 

余聞

ベランダででかいゴキブリが2匹、スズメが残した餌を食べていました。

うちのベランダにはよく、隣りからゴキブリが来ます。

隣りのおばあさん(一人暮らし)は認知症で、ひと月ほど前うちに来て、「ベランダに若い男の人がいるから一緒に来てくれ」と言うので、かみさんが行ったら予想どおり誰もいませんでした。

その時ベランダには小さいゴキブリがたくさんいたそうで、それの大きくなったのがうちに来るわけです。

今年初めてでかいゴキブリを見たかみさんは、翌日ホウ酸団子を作りました。(今置いてあるのは一昨年作ったものなので、効果が薄れているようです)。

名前のとおり、団子にする人が多いようですが、

このように、かみさんはボール紙に塗って乾かします。

これなら狭い所にも置けますから。

「ゴキブリ団子」と呼ぶ人もいますが、ゴキブリを潰して丸めているようで気持ち悪くないですか?

ホウ酸団子は効果抜群。これを置くと、ゴキブリはぱたっと出なくなります。

 

2020/6/27

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました