アゲハ飼育日誌2044 初見キアゲハ 発見 蛹化ラッシュ

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第44稿:

昨日はクロアゲハの5齢幼虫がいなくなりました。ワンダリング(蛹化の場所探し)ではありません。

なぜ脱走したのか。

クロアゲハは少々硬い葉っぱでも食べるので、餌が不満だったわけではなく、ガットパージ(蛹化前の排泄)しやすい場所がなかったからではないか、というのがかみさんの推測。

今季はビン刺し飼育のリスクがやたらと露呈しています。

発見

2020.9.4~10

ワンダリングで脱走して行方不明になっていたナミアゲハが見つかりました。

カーテンで蛹化。初めてのケース。

2日前、カーテンの下に脱け殻が落ちていたので、その時点で気づくべきでした。

6日後、無事に羽化。

よかった。

スポンサーリンク

 

蛹化ラッシュ

2020.9.6~

かみさんが幼虫をどんどん採ってくるので、蛹化ラッシュが続いています。

先客の蛹の上で蛹化されたら困るので、ワンダリング幼虫はなるべく同じケースに入れないようにしていますが、やむを得ず連続投入。

壁に張り付いた蛹は蛹ポケットに移し、枝に張り付いた蛹は枝ごと外に出してから、新たなワンダリング幼虫を入れます。

移動先はこんな状態に。

ここだけで20匹ぐらいいます。

寄生されていないか、毎日見ないといけません。

うじ虫にうろうろされたら気持ち悪いですからね。

スポンサーリンク

 

初物

2020.9.10~

柑橘類の葉っぱから、ナミアゲハだと思って採ってきた幼虫が、なんとキアゲハでした。

1齢幼虫は似ていますね。(キアゲハのほうが色が薄い)。

2齢幼虫になると、違いがはっきりわかります。

2匹います。3齢幼虫と4齢幼虫。

実物を見たのは初めてです。

見識不足から、キアゲハがセリ科植物以外も食べるとは知りませんでした。( よくある質問 の回答も修正しました)。

すべての個体ではないようですが、柑橘類だけでなく、いろいろ食べるんですね。

フォロワーさんから、柑橘類は柔らかい葉っぱしか食べないと教えていただきました。

となると、この時は葉っぱが硬くて移動したのか。

贅沢ですね。

キアゲハも例外ではなく、おしりに顔がありました。

髭があるちょっと困ったような顔。

ナミアゲハやクロアゲハと比べると、輪郭がはっきりしています。

我が家初飼育のキアゲハ。

今後の成長が楽しみです。

スポンサーリンク

 

余聞

ツイッターやインスタグラムでは、実物を一度も見たことがないアゲハを羨望の目で見ていますが、今回のキアゲハも初見。近所にはいないと思っていました。

となると、まだ素敵な出会いがあるかもしれないと、ほのかな期待が膨らみます。

これまで飼育経験があるのはナミ、クロ、アオスジ、ナガサキ、ジャコウのみ。

カラスアゲハやミヤマカラスアゲハなど、山地に生息するアゲハはいないでしょうね。

山が近くにある人は羨ましい限りです。

 

2020/9/15

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました