アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2058 エアー糸掛け クスノキの種 発育不良

アゲハ飼育日誌2020年第58稿:

しばらく続いていた小春日和が終わり、晩秋らしくなりました。

それに伴い、我が家のアゲハ飼育も斜陽の趣です。

 

エアー糸掛け

2020.11.13

クロアゲハがおしりをちゃんと固定しないで、糸掛けをしようとしていました。

そんなことはできるわけがなく、疲れ果てて落下。

このように、しばらく”エアー糸掛け”をやっていました。

わかりますか? 前脚が糸掛けをする時の角度になっています。

夢うつつか。

このあと動かなくなったので移動。

疲れ果てて熟睡?

布団を掛けてあげたくなりました。

結局、”紙の漏斗”で脱皮。無事蛹に。( 昨年の日誌39稿 参照)

お疲れさまでした。

 

スポンサーリンク

 

クスノキの種

2020.11.14

クスノキの種を拾ってきました。

毎年今頃落ちています。

黒い部分は果肉で、中に種が入っています。

クスノキの鉢植えは簡単なので、アオスジアゲハを育てる方はやってみるといいかもしれません。

やり方はこちらの記事でご覧ください。

【実証】アオスジアゲハ幼虫の食べ物 見つけ方 飼い方
アオスジアゲハの幼虫を育てていますか? あるいは育ててみたいと思っていますか? この記事では卵や幼虫の見つけ方から、幼虫の食べ物など、成虫まで育てるのに必要な情報を載せています。どうぞ参考になさってください。

 

久しぶり

2020.11.18

クロアゲハの蛹から奴が出てきました。

久しぶり。

いたとしても、蛹と一緒に越冬するものと思っていました。

ヤドリバエの越冬の条件はどうなっているのか。

これで今年の見納めにしたいところ。

そう願います。

 

スポンサーリンク

 

発育不良

2020.11.18~

10月9日に孵化したアオスジアゲハ8匹のうち、6匹はすでに蛹化しましたが、残る2匹は発育が悪く、危険な状態になりました。

脱皮不全

1匹は前蛹になったものの、脱皮不全。

脱げきれていません。

かみさんが湿らせた綿棒とピンセットで脱がせましたが、体液がだいぶ漏れてしまいました。

このまま死んでしまうか、越冬して春に羽化するか。

羽化しても、おそらく不全体でしょう。

 

脱水状態

もう1匹はまだ幼虫のまま。

あまり餌を食べず、大きくなりません。

アオスジアゲハにしては珍しく水様便をしました。

これはガットパージ(蛹化前の排泄)ではありません。

人間で言えば下痢、脱水状態なのでしょう。

大きくなるどころか、縮んで皺が寄ってきました。

水を飲ませたら一度は皺が伸びましたが、翌日には元に戻り、元気にはなりません。

全くと言っていいほど動かなくなりました。

同じ日に産まれて、同じ環境で育っていながら、なんでこうなったのか。

 

スポンサーリンク

 

余聞

今季の短日処理は功を奏し、今のところ1匹も羽化していません。

かみさんの努力の賜物です。

これから蛹の保管場所をどうするか、考えなければなりませんが。

短日処理がうまくいったということは、アゲハの不在期間が長くなるということ。

前季はほぼ1年中いたので、寂しいと思うか、よかったと思うか。

これからわかります。

 

2020/11/24

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

  1. 蝶好き より:

    クロ芋さんに「布団」。可愛くて笑ってしまいました。本当に熟睡しているみたいですね。
    今年は全て越冬蛹になれたようで良かったですね。春が楽しみですね!

    うちにいた40匹のモンキアゲハも、今日最後の一匹が前蛹になりました。
    今年は越冬蛹の数が多いので、春に計画的に羽化してもらえるよう、冷蔵庫の野菜室で保管しています。初めてなので、少し心配ですが・・・。

    アオスジアゲハは心配ですね。
    私のところはキアゲハが立て続けに病気になり、悲しい結果となりました。
    シーズン最後はトラブルが多いような気がします。

    • 温かなコメント、ありがとうございます。
      うちも今年は冷蔵庫越冬をやってみるかどうか思案中です。
      アオスジアゲハは1匹は無事蛹化しましたが、1匹はまだ幼虫のまま。おそらくもう蛹にはなれないのではないかと思っています。

タイトルとURLをコピーしました