アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2106 殻破損で翅乾燥 蝶の翅新説

アゲハ飼育日誌2021年第6稿:

世間ではコロナ第4波到来。また暗雲が垂れ込めてきました。

我が家では越冬羽化第1波が来たかもしれません。羽化だけならいいのですが、孵化も。

 

羽化&孵化

2021.4.8

6時30分。目覚まし時計の音に驚いて出てきたか。

今季2頭目の越冬羽化はクロアゲハ。

クロアゲハの越冬羽化は、我が家のアゲハ飼育史上初めてです。

11時30分。かみさんが越冬組のダンボール箱を覗いたら、ナミアゲハが羽化していました。

と同時に、

こんなものも発見。

犠牲者はナミアゲハ3匹。

これで越冬ヤドリバエは合計7匹。すべて1つの蛹につき1匹。

夏場は1つの蛹から2~3匹出てくることが多いのに。

たまたま?

そんなことはどうでもいい。

羽化2、孵化3の一日。

 

スポンサーリンク

 

ベランダ組終了

2021.4.10

前々回の日誌 に載せたベランダ組残りのアオスジアゲハが羽化しました。

越冬羽化4頭目。

この日は晴れていたものの、最高気温は16度。

例年越冬蛹の羽化が始まるのは4月下旬から。やはり今年は桜の開花が早かったように、アゲハの羽化も早いようです。

翌日、元気に飛び立っていきました。

ベランダ組の羽化終了。

 

殻破損で翅乾燥

2021.4.11

かみさんが越冬蛹をつまみ上げたところ、殻がパリッと割れてしまいました。

羽化目前で殻と体の間に隙間ができていたため、簡単に割れてしまったようです。

このままでは中が乾燥してしまうと心配していたら、1時間ほど経って羽化しました。

案の定、殻が割れた側の翅は乾いてしまったようで、くちゃくちゃのまま。

これはまずいと思って、霧吹きで水をかけ続けました。

すると、

伸びました。

危ないところだった。

脱け殻を見てみると、

大きな穴が開いています。(左は正常な脱け殻)。

こういう褐色の蛹は、色づきの判別が難しいですね。

羽化目前でなければ死んでいたでしょう。

越冬蛹は慎重に扱わないといけません。

 

スポンサーリンク

 

蝶の翅新説

2021.4.11

おもしろい記事を見つけました。

チョウの羽はセンサーや放熱などの機能を持つ「生きた翼」であることが判明
チョウの羽は空を飛ぶために必要な器官ですが、これまでは「特に体液が通っているわけでもない、ただの膜」だと思われてきました。しかし、チョウの羽を徹底的に調べた研究により、チョウの羽は放熱板やセンサー、体液を循環させるポンプなどの役割を持った、多機能な器官だということが判明しました。

この記事によると、蝶の翅はこれまで「特に体液が通っているわけでもない、ただの膜」と思われていましたが、コロンビア大学の研究により、放熱板やセンサー、体液を循環させるポンプなどの役割を持った、多機能な器官であることが判明しました。

蝶は翅を使って飛ぶだけでなく、光や熱の感知、温度調節まで行っているようです。

ということで、飛べない蝶でも翅は重要な器官。体液が循環しているので、むやみに切ってはいけません。

 

2021/4/17

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました