飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

【検証】アゲハチョウの一生 寿命はどれくらい?

アゲハチョウの一生はどのようなものなのでしょうか。

寿命はどれくらい?

卵が孵化して、幼虫が蛹化して、蛹が羽化して、成虫になるまで形体ごとにまとめ、それぞれの大まかな日数も記しました。

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウは完全変態

念のため、最初に基本的なことを書いておきますが、アゲハチョウは完全変態する昆虫です。

完全変態。ご存じですか?

以下、デジタル大辞泉からの引用です。

完全変態
昆虫が卵・幼生のほかにさなぎの段階を経てから成虫になること。チョウなどにみられる。

不完全変態
昆虫の変態の一型。さなぎの時代を経ず、幼虫から直接成虫になるもの。トンボ・バッタ・ゴキブリなどにみられる。

無変態
昆虫の変態の一型。成長の過程でほとんど形態が変化せず、脱皮を繰り返すことで大きくなる。シミ・イシノミなどにみられる。

とあるように、完全変態の昆虫は孵化後、幼虫、蛹、成虫と形を変えて成長するわけですが、この記事では、アゲハチョウの一生をもう少し細分化します。

黒い小さな幼虫が美しい蝶になる。それがアゲハの魅力の1つです。

アゲハチョウの一生

ということで、アゲハチョウの一生を卵、若齢幼虫、終齢幼虫、前蛹、蛹、成虫に分けて見てみましょう。

  • 幼虫~蛹の期間は気温が低くなるとそれなりに長くなります。
  • 幼虫の体長にはかなりの個体差があります。

期間: 3~5日

1mm

産卵直後の卵は透き通るような黄色。やがて幼虫の影が現れ、孵化します。

その間も寄生される危険があります。

卵に関する詳しい情報、孵化の動画はこちらの記事でご覧ください。

若齢幼虫

若齢幼虫とは1~4齢幼虫のこと。脱皮で齢数が増えます。

1齢幼虫

期間: 2~4日

2~5mm

孵化直後は黄土色。徐々に茶色が濃くなり、中央に白い筋が見え始めます。

2齢幼虫

期間: 3~5日

5~10mm

中央の白い線が目立つようになり、鳥の糞ぽくなってきます。

擬態ですね。

3齢幼虫

期間: 3~5日

10~20mm

突起が目立つ(脱皮直後は黄色が強い)ようになります。

4齢幼虫

期間: 3~5日

20~30mm

全体的に黒っぽい緑色になります。

こんな感じで脱皮して、終齢幼虫に。

なんか、大変そう。

若齢幼虫が寄生される可能性は終齢幼虫より低いとはいえ、全くないわけではありません。

アゲハチョウの寄生虫に関しては、こちらの記事をご覧ください。

終齢幼虫

期間: 5~7日

クロアゲハなどの大型種はプラス数日。

20~45mm

終齢幼虫(幼虫の最終形態)は通常5齢幼虫ですが、ごく稀にもう一度脱皮して6齢幼虫になる場合があります。

終齢幼虫になると、寄生される確率が格段に上がります。寄生バエや寄生バチに発見されて、表皮や周囲の葉っぱに卵を産み付けられるからです。

かわいそう。

前蛹・蛹

前蛹

期間: 1~2日

期間: 7~10日

クロアゲハなどの大型種はプラス数日。

越冬蛹ならプラス越冬期間。ごく稀に夏に越冬スイッチが入ることがあり、その場合はもっと長くなります。

終齢幼虫は蛹化の時期になると、ガットパージ(余分な体液の排泄)、ワンダリング(蛹化の場所探し)の後、糸掛けをして前蛹になり、生涯最後の脱皮をして蛹になります。

その一連の行動に関しては、こちらの記事でご覧ください。

成虫

期間: 2週間以上

室内飼育の場合はもっと長くなります。特に冬期はあまり動かないため長生きし、我が家では最長2か月ほど生きました。3か月以上生きたという話を聞いたこともあります。

こんな感じで羽化します。

揺れちゃって、すみません。

成虫はペアリングの相手を求めて飛び回り、雌は生涯を通じ200個ほど産卵します。

アゲハチョウの寿命

形体ごとの日数をまとめると、こうなります。

産卵~孵化卵の期間3~5日
孵化~脱皮1回目1齢幼虫の期間2~4日
脱皮1回目~2回目2齢幼虫の期間3~5日
脱皮2回目~3回目3齢幼虫の期間3~5日
脱皮3回目~4回目4齢幼虫の期間3~5日
脱皮4回目~糸掛け5齢幼虫の期間5~7日
糸掛け~脱皮5回目前蛹の期間1~2日
脱皮5回目~羽化蛹の期間7~10日
羽化~死亡成虫の期間2週間以上

孵化から羽化までは約1か月

気温が低くなると、それなりに日数は増えます。

ということで、アゲハチョウの寿命は以下のとおり。

孵化から羽化までの約1か月+成虫の生存日数

クロアゲハなどの大型種はプラス1週間から10日前後(孵化~羽化)。

その間、絶えず寄生虫やハチ、クモ、トカゲ、カマキリ、鳥などの天敵に命を狙われ、ほかにも病害や薬害があり、常に死と隣り合わせです。

アゲハはつらいよ。

儚くも愛おしい命を1つでも多く、大空に羽ばたかせたい。

そう願って、これからもかみさんは飼育を続けます。

Yes I do.

あとがき

以上、アゲハチョウの一生について書きました。

お役に立てば幸いです。

アゲハチョウの食性や飼育方法全般に関しては、こちらの記事をご覧ください。

2021/4/29,2022/5/5

コメント

  1. T・K より:

    速やかなご返答ありがとうございました!

    昨日、脱皮して2cmサイズの一応終齢幼虫になりました。
    今朝もあの夕方ほどの短期繰り返すけいれんは見られませんが、ピクピクは依然としてあるものの、食べれる葉を探して彷徨う元気があります。
    寄生については…1%の可能性を信じつつ最期まで全部、どんな結果でも受け止めます。

    「2cm」サイズでも緑色になれるのか!なども含め、知識を教えていただいたのは、
    たむら船堀館長さんのこのホームページです。
    豊富な知識と画像、初飼育者にとって、とても参考にさせていただいております。
    本当にありがとうございました!

  2. T・K より:

    はじめまして、前略失礼いたします。
    そして質問をさせていただき申し訳ありません。
    今、4齢幼虫だと思われる幼虫を室内飼育しています。
    今夕からホームから動かず、ずっと続くわけではないのですが、割と頻回に痙攣のような動きが見られるようになりました。
    少食に加えて新芽に近い葉しか食べませんが、何も食べようとせず、脱皮前だからなのか?
    仮の答えを考え、アゲハチョウを育てられている方のブログや質問箱…キーワード検索をしても、解答に巡り会えず、ドキドキしています。
    終齢期前の幼虫がけいれんのように震えるのは何が理由かご存知でしたら、教えていただけると、とても嬉しいです。

    本来なら我が家のベランダ植木鉢で知らないうちに亡くなるのが運命なのかも知れません。

    ただ…今回は成り行きで突然、初めて室内で飼育する状況になり、まさに暗闇手探り状態でした。今はわかる限りのことを知りたい、できる限りのことをしたいです。

    感情的な長文、本当に申し訳ありません。
    お応えいただけたら幸いです。よろしくお願いいたします。

    • うちでも痙攣のような動きはよく見かけますが、問題はないようです。理由はわかりません。
      薬害や病害の場合は落ちて死にます。寄生されているかどうかはほとんどの場合、蛹にならないとわかりません。
      羽化まで行くといいですね。

タイトルとURLをコピーしました