飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫の見分け方 6つの違い

コナガ。小菜蛾。

この名前を知っているのは農家の人か、昆虫好きの人ぐらいでしょう。

私はかみさんがモンシロチョウの飼育をしたので、コナガの存在を知りました。

コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫は一見似ていますが、よく見ると明らかな違いがあります。

この記事をご覧になれば、両者を容易に見分けられるようになるでしょう。

コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫の見分け方

コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫には、少なくとも6つの違いがあります。

スムージー用に購入したブロッコリーの葉っぱ(無農薬栽培)に両方とも付いていて、育てているうちに気づきました。

大きさ

まず、大きさが違います。

コナガは大きくなっても1cm程度。

モンシロチョウは3cmぐらいまで大きくなります。

表皮の色と質感

拡大しないとわかりにくいですが、表皮の色と質感が違います。

コナガ

光沢がない、あせた緑色。黒くて太い毛がパラパラ生えています。

モンシロチョウ

光沢がある、あざやかな緑色。白くて細い毛がふさふさ生えています。

動作

動きは対照的です。

大きい幼虫が小さい幼虫に触れた時のリアクションをご覧ください。

コナガ

まるで倍速。うんちとオシッコのおまけ付き。

モンシロチョウ

もっさりしていますね。

尻の形状

お尻の形状の違いは一目瞭然。

コナガ

わかりやすい2本の突起。

モンシロチョウ

すっきり丸い。

糞処理

これはおもしろいです。

コナガ

こんな感じで吹っ飛ばすので、広範囲に糞が散らばります。

モンシロチョウ

ポトっと落とします。

蛹化の形態

これは蛾と蝶の違いですね。

コナガ

繭を作って蛹化。

モンシロチョウ

糸を掛けて蛹化。

成虫はこれ

せっかくなので、ついでに成虫も載せておきます。

どちらも羽化後、間もない時。

コナガ

モンシロチョウ

幼虫と違い、成虫は色も形も大きさも全く異なります。

あとがき

以上、コナガの幼虫とモンシロチョウの幼虫の見分け方について書きました。

コナガもモンシロチョウも、アブラナ科植物を食草とする鱗翅目。

農家の人にとってはどちらも害虫で、使う農薬が異なるかもしれません。

うちのように趣味で飼育する人にとっては、捉え方がいろいろでしょう。

いずれにしても、この記事がお役に立てば幸いです。

2021/5/30,6/14

コメント

  1. ひまわり より:

    うちの庭のカブと大根の葉の周りをシロチョウが飛び、産卵するのを見届けて、そのあたりのカブとダイコンを収穫し、葉の卵を確認して観察していたのに、あっという間に糸を張ったサナギになり、おかしいぞと思ってここにたどり着きました。
    コナガ、知りませんでした。
    ありがとうございます。
    孵化、蛹化、そして羽化に、どれくらい時間がかかるのかごぞんじですか?
    コナガの蛹化は早かったです~。

    • たむら船堀たむら船堀 より:

      昨年の飼育日誌を見てみましたが、発育段階の日数までは記録していませんでした。ご期待に沿えず申し訳ありません。
      モンシロチョウより成長速度が格段に速いのは間違いないです。

  2. ラビ子 より:

    とても役立ちました!
    モンシロチョウだったら育てようと思いましたが、コナガでした( Ꙭ)…

    • たむら船堀たむら船堀 より:

      そうでしたか。それは残念。と言うと、コナガに失礼か。

  3. きょう より:

    すごく役に立ちました。
    ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました