アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

アゲハ飼育日誌2116 奇形蛹 左前翅欠落 逆さま蛹化

アゲハ飼育日誌2021年第16稿:

夏本番。

こんなに暑いなら、梅雨のほうがよかった気がします。

このところ、検索向けの記事に注力、あとは過去記事のリライトばかりしていますので、飼育日誌はまた約1か月ぶり。

ツイッターが日誌代わりになっています。

ということで、本稿は一月以上遡り、まだ梅雨のさ中の冴えない話が続きます。

奇形蛹

珍しい奇形の蛹2つ。

えぐれ

2021.6.12~21

まず、えぐれた蛹。ナミアゲハ。

なんでこんなことになってしまうのか。

こういうのは見た記憶がありません。

死ぬのは時間の問題だろうと思っていたら、

9日後に色づきました。

もしかして羽化できるのか、どんな蝶が出てくるんだろうと思っていたら、ここまででした。

残念。

 

スポンサーリンク

 

こぶ

2021.6.30~7.5

次はこぶ。アオスジアゲハ。

体液が漏れて固まった?

こういうのもおそらく初見。

10日後。

その2日後。色づきました。

翌朝、羽化。

左前翅欠落。

羽化はしたものの、重症の羽化不全でした。

全く飛べないので、我が家で寿命を全うさせないといけません。

飼い主の責務です。

過去の例も思い出し、羽化不全体は不随意運動が多いとツイートしました。

で、気づいたのですが、おそらくこれは不随意運動というより、飛ぼうとしていたのでしょう。

華子ママさんの引用リツイートに寄せられたコメントを見て、そう思いました。

実は、飛びたかった。

そう考えると、切ないですね。

 

スポンサーリンク

 

逆さま蛹化

2021.7.1

逆さまのまま蛹化は厳禁。

今後のために、これは記事にしておきます。

りすさんのアゲハ愛と懸命の救命処置に感服。賛辞を送ります。

ここまでやる人は少ないでしょう。

前蛹や蛹が不自然な状態になっている時は、動かすほうが無難ですね。

救済方法に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【簡単】アゲハチョウの前蛹や蛹が落ちた時の救済方法
アゲハチョウの前蛹や蛹が落ちたり、宙ぶらりんになったりすることが時々生じます。そのままにしておけば、死んでしまうでしょう。どうしたらいいのでしょうか。救済方法をまとめて書きましたので、どうぞ参考になさってください。

 

スポンサーリンク

 

透明

クロアゲハ4齢幼虫。

脚がわらび餅のよう。

腹脚。

尾脚。

やけに透明ですね。

透明つながりで、最近気づいたこと。

アオスジアゲハのお面(右)は上半分が透明。

左はナミアゲハ。

透明性に欠けるオリンピック。

明日開催。

 

2021/7/22

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました