質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌2136 脱皮不全 落ちなかった 入念な補強

アゲハ飼育日誌2021年第36稿:

■落ちて死んでいた1齢幼虫は脱皮不全

■ツマグロヒョウモン無事蛹化

■アオスジアゲハ入念な葉っぱ補強

■アゲハ飼育はまだしばらく続く

脱皮不全

2021.10.30

アオスジアゲハの1齢幼虫が落ちて死んでいました。

そういうのは原因不明の病死と思いがちですが、そうとばかりは言えません。

こんなケースもあります。

脱皮不全。

頭部の殻が取れずに残っています。

小さいので拡大してみないとわかりません。

かわいそう。

脱皮の途中で落ちたのか、あるいは落ちてから脱皮を始めたのか。

いずれの場合も脱皮は無理でしょう。

脱皮を始める前に気がつけば、助けることができます

救済方法はこちらの記事でご覧ください。

落ちなくてよかった

2021.10.30~31

前回の日誌 に載せた我が家初の垂蛹型前蛹が、蛹になっていました。

とげとげがそのまま残るんですね。

落ちなくてよかった。

脱け殻。

毛玉のようだ。

外の鉢植えにいた4齢幼虫2匹。1匹は死亡、1匹は行方不明。

見ると、いつも土に埋もれていて、葉っぱを食べた形跡がありませんでした。

ツマグロヒョウモンは幼虫で越冬するので、生命力が強いと思っていましたが、そうでもないのか。

ケースの中の5齢幼虫3匹は元気。

おしり。

尾脚がかわいい。

入念な補強

2021.10.31

蛹になる葉っぱを決めたアオスジアゲハ。

入念な補強。

10倍速。

枝分かれしている茎のほうまで糸を吐いています。

大変だね。

ビン刺しであることを知っているのか。

アオスジアゲハの落下防止対策をご存じない方は、こちらの記事をご覧ください。

まだしばらく続く

2021.10.31

10月末。

まだ幼虫は結構います。

アオスジアゲハ約20匹。先週初めに大量入荷した幼虫たち。( 今年の日誌33稿

採取時は全員2~3齢幼虫でしたが、おそらく越冬するでしょう。

あとはナミアゲハとクロアゲハが1匹ずつ。

両方ともガットパージ間近。

寂しいな。

日誌を見てみたら、昨年の飼育終了は11月下旬。

今年も同じくらいの時期になりそうです。

2021/11/2

コメント

タイトルとURLをコピーしました