飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

【検証】アゲハチョウの卵が孵化するまで 孵化しない卵の見分け方

アゲハチョウの卵孵化するまでの様子はどんな感じでしょうか。

孵化しない卵もあります。それはどのように見分けたらいいのでしょうか。

この記事をご覧になればわかります。

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウの卵が孵化するまで

アゲハチョウの卵は産卵後、概ね3~5日で孵化します。

卵は時間の経過と共に色がくすんできて、中の幼虫が見えてきます。

孵化目前になると…

幼虫の口の動きまでわかりますね。

これは幼虫が出てくるところ。10倍速。

かわいっ!

正常な孵化はこんな感じです。

孵化しない卵の見分け方

孵化しない卵として、ここでは無精卵と寄生された卵の特徴を挙げます。

無精卵の特徴

アゲハチョウの雌は他のほとんどの生物と同様に、交尾していなくても産卵します。

無精卵は産卵後間もないと、有精卵と区別がつきません。しばらく経つと変化が生じます。

これはうちで保護していた蝶の無精卵。

このとおり、最初は有精卵と見分けがつきません。

カーテンに産んでいました。

どこにでも産むんやなぁ。

これが10日ぐらい経って、

こうなりました。

くすんだオレンジ色に変色し、歪にへこんでいます。

これが無精卵の特徴。見るからに、だめそうですね。

この件がわかった経緯に関しては、こちらの記事をご覧ください。

寄生された卵の特徴

寄生された卵はどんな感じでしょうか。

色はモノトーン色です。

例えば、

これはおそらくタマゴコバチの蛹がひしめく卵。

時間が経つとこうなります。

見づらくてすみません。

これは穴が開いていますので、おそらく寄生虫が出ていった後でしょう。

寄生虫タマゴコバチに関しては、こちらの記事をご覧ください。

卵の特徴まとめ

ということで、アゲハチョウの卵の特徴をまとめるとこうなります。

有精卵: 黄色から徐々に色がくすんで、中の幼虫が見えてくる。
無精卵: 黄色から徐々にくすんだオレンジ色に変わり、歪にへこむ。
寄生された卵: 黄色からモノトーン色に変わる。

無精卵の特徴が現れるまでには、産卵後10日程度かかります。

孵化しない卵はすべて無精卵か寄生された卵、というわけではありません。

一緒に産みつけられた卵の一部だけが、寄生されているわけではないのに孵化しない、ということが時々生じます。

あとがき

以上、アゲハチョウの卵が孵化するまでの様子と、孵化しない卵の見分け方について書きました。

お役に立てば幸いです。

アゲハチョウの幼虫に関する詳しい情報は、こちらの記事でご覧ください。

2022/4/24

コメント

タイトルとURLをコピーしました