質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌2212 幼虫in幼虫 寄生サバイバー

■今年もアオスジアゲハ受難の年

■クスノキの葉っぱに付く液体は?

■クロアゲハ席巻ぐんぐん伸びる

■意表を突かれた幼虫in幼虫

■寄生サバイバーまだ生きる

アオスジアゲハ受難

2022.7.18~

例年どおり? 今年もアオスジアゲハ受難の年。

前蛹の脱皮不全が頻発。

黒くはならないので、脱皮阻害剤のせいではなさそう。

かみさんが脱がしてあげたけど駄目でした。

おしりの固定があまくて、落下する前蛹もいます。

体力不足?

それと、相変わらず多いのがヤドリバエの寄生

今年からかみさんは、積極的にうじ虫を取り出すことにしました。

果たして何匹救えるか。

葉っぱに付く液体は何?

2022.7.20

疑問が1つ解消。

時々、クスノキの葉っぱの上に落ちている液体は何か。

これを見ると、幼虫が葉っぱを食べる時に落ちる樹液ですね。

水気の多い葉っぱだとこうなるようです。

当たらなければどうということはない。

クロアゲハ席巻

2022.7.20

かみさんはクロアゲハの幼虫が特に好きです。

最近持ち帰るのはクロばかり。

時々卵も。

1,2齢幼虫の特徴は胸部と尾部の突起。( ナミアゲハとの比較は こちら

一生懸命食べてますね。

巨大4齢幼虫。

ナミの終齢幼虫より大きい。

これはそこそこ。

クロはぐんぐん大きくなります。

ナミは葉っぱを選り好みするけど、クロはしないからいい。

幼虫in幼虫

2022.7.27~31

これは珍しいケース。意表を突かれました。

幼虫in幼虫。

宿主が幼虫の段階でうじ虫が孵化。うごめいています。

うちでは前例がなかったので確信が持てないでいましたが、やはりそうでした。

2日後。蛹にはなれたものの、ヤドリバエの寄生を知らせる黒い点。

すぐにうじ虫を取り出しましたが、

2日後、あえなく死亡。

取り出したうじ虫はすでに1cmほど。ダメージが大きかったのでしょう。

今年はこういうのが増えそうです。

寄生サバイバー

2022.8.4

我が家で初めて、うじ虫摘出後の蛹から蝶が羽化しました。

羽化目前の蛹。アオスジアゲハ。

左側は普通に見えますが、傷口がある右側はだめそう。

翌朝羽化。

翅は伸びきらず常時このまま。閉じることができません。

蛹便の有無をチェックし忘れましたが、翅を開くために圧送する体液が足らなかったのかもしれません。

寄生サバイバー。

これはよかったのか、悪かったのか。

寄生され 羽化は叶うも 不全体

2022/8/7,13

コメント

タイトルとURLをコピーしました