質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハチョウの幼虫共食い ジャコウアゲハだけではない

アゲハチョウの幼虫が忽然と姿を消しましたか?

もしかしたら、近くにいる幼虫に食べられてしまったのかもしれません。

ご存じでしたか?

アゲハチョウの幼虫共食いをするのは、ジャコウアゲハだけではありません。

体格差のある幼虫は一緒に育てないほうがいいでしょう。

アゲハチョウの幼虫も共食い

イモムシ愛好会(ツイッターのコミュニティ)でこんな話がありました。

なんと、ナミアゲハの4齢幼虫が2齢幼虫を捕食‼

アゲハチョウの幼虫で共食いするのはジャコウアゲハだけ、と思っていたので驚きました。

以下はもりぞうさんから届いたDMの要旨。

  • 4齢と2齢を同じ容器に入れていて、朝見てみたら4齢が2齢を捕食中だった。
  • 慌てて引き離したが、2齢は頭部と胸部しか残っていなかった。
  • 引き離した後も、4齢は食べ残した2齢を探しているようだった。
  • 容器には餌がたくさん入っていた。

画像も送ってくださいました。

共食いした4齢幼虫。

食べられた2齢幼虫の残骸(頭部と胸部)。

おとろしい話や。

リプを見てみたら、なんと、同様の経験談が2つ。ナミアゲハとクロアゲハ。

知見に欠けていました。

我が家では、ナミアゲハの幼虫が葉っぱと一緒に卵を食べてしまったことはありましたが、幼虫が幼虫を食べたことはありません。

共食いはネットでも散見

ということで、「アゲハチョウ 幼虫 共食い」で検索してみました。

すると、ジャコウアゲハ以外でも共食いの実例が散見。

中には、キアゲハの終齢幼虫が前蛹を食べた、なんていう話がありました。

これ。

そんなことがあるんですね。

幸い、うちにたくさんいるアオスジアゲハの共食い例は、今のところ見ていません。

これも4齢幼虫と2齢幼虫。

なぜか同じ葉っぱに集まるアオスジアゲハの幼虫たち。

きっと大丈夫でしょう。

どうかな。

体格差のある幼虫同居は危険

今回の例から学べることは、体格差のある幼虫は同じ空間で育てないほうがいいということ。

アゲハチョウの幼虫共食いは、ジャコウアゲハに限ってのことではありません。

滅多にないこととはいえ、注意したいと思います。

気をつけます。

幼虫に関する総括的な情報はこちらの記事でご覧ください。

2022/8/21,22

コメント

タイトルとURLをコピーしました