質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【実録】ナガサキアゲハ幼虫の飼育 餌は?特徴は?大きさは?

大きくて美しい蝶ナガサキアゲハ

珍しいアゲハチョウですが、幼虫の飼育方法はごく普通。他のアゲハチョウと何ら変わりません。

幼虫の餌は何か。どんな特徴があるのか。大きさはどれくらいか。クロアゲハとの見分け方は?

この記事をご覧になればわかります。

どうぞ参考になさってください。

ナガサキアゲハ幼虫の飼育

餌はミカン科植物

餌はミカン、ユズ、レモン、キンカン、グレープフルーツなどの葉っぱ。

多くのアゲハチョウと同じミカン科植物です。

こんな感じでもりもり食べます。

飼育方法はごく普通

飼育方法もごく普通。他のアゲハチョウと何ら変わったところはありません。

蝶になるまでの育て方はこちらの記事でご覧ください。

特徴・大きさ(クロアゲハと比較)

外見の特徴をクロアゲハの幼虫と比べて見てみましょう。

両者の見分け方がわかります。

大きさに差異はありません。

1齢幼虫

2~5mm

両方とも前後に目立つ突起が2本ずつ。

色はナガサキアゲハのほうが淡く、緑っぽく見えます。

2齢幼虫

5~15mm

ナガサキアゲハのほうが中央の白い部分が目立ちます。

3齢幼虫

15~25mm

ナガサキアゲハは依然として前後の突起が目立ちます。

4齢幼虫

25~40mm

ナガサキアゲハはヨモギ色になり、背中に青い点々が現れます。

5齢幼虫

40~70mm

体形は似ていますが、背中の模様が全然違います。

蛹化から羽化まで

終齢幼虫は糸掛けをして前蛹、前蛹は脱皮して蛹、蛹は羽化して成虫に変態します。

前蛹~蛹

まず蛹化。

糸掛け直後の前蛹。

1~2日経って脱皮。

脱皮直後の蛹。

落ち着いた色になりました。

成虫

蛹化後、2週間前後で羽化します。

夏型♂

春型♀

左前翅の欠損が残念やなぁ。

成虫の特徴は後翅の尾状突起が無いこと。

赤丸の部分を尾状突起と言います。

大きさは前翅長(前翅1枚の上辺の長さ)60~80mm。

ナミアゲハは40~60mmだよ。

日本最大級の蝶です。

ナガサキアゲハは珍しい

ナガサキアゲハの活動期間は4月~10月。

生息地は東北南部以南。珍しいアゲハチョウです。

船堀界隈ではモンキアゲハと並んで超希少種。滅多にお目にかかれません。

イモムシガチャの中でもちゃんと希少種になっています。(笑)

あとがき

以上、ナガサキアゲハの餌や飼育方法、特徴、大きさについて書きました。

お役に立てば幸いです。

アゲハチョウの幼虫に関する総括的な情報は、こちらの記事でご覧ください。

2022/10/1,5

コメント

タイトルとURLをコピーしました