アゲハ飼育日誌2015 キジバト餌付け 初青虫 痛恨

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第15稿:

東京は今日も曇天。夕方から雨の予報。今週に入ってから雨が多く、梅雨の走りか。

アゲハの幼虫は徐々に増え、現在ナミアゲハ12匹、アオスジアゲハ7匹。終齢幼虫は5匹います。

それでも、最初はアゲハの話ではありません。あしからず。

鳥の餌付け

2020.5.17

かみさんは鳥も大好きで、ここ数日スズメとキジバトに餌付けをしています。

キジバト

スズメは人が窓に近づくとすぐ飛び去ってしまいますが、キジバトはすぐには逃げないので、近くで見ることができます。

意外に可愛いと思いませんか?

私はこれを観て、生まれて初めてキジバトを可愛いと思いました。

イエバトはそこら中にたくさんいますが、キジバトはそうでもないようです。なのに、うちのベランダに来るのはいつもキジバト。

1羽しか来ないので、いつも同じ鳥なのかもしれません。

そう考えると、余計可愛くなります。

(餌は乾燥トウモロコシ)

追記:

どうもこれはやってはいけないことだったようで、やめました。

スポンサーリンク

 

スズメ

キジバトは毎日来るわけではありませんが、スズメは毎日何回も来ます。

このように、植木鉢の受け皿に餌(粟)を入れておくと、きれいになくなります。

何も生えていない植木鉢は土浴び用。スズメ大の穴ができています。

このように、スズメが土浴びをした後は、そこら中に土が飛び散っていますが、かみさんは喜んで片付けています。(スズメはガラスに人影が映っただけで逃げてしまうので、写真を撮ることができません)。

5,6羽連れだって来ることもあります。

中には、周りの連中を蹴散らかして、餌を独り占めする乱暴者もいたりするので、どんな関係なのか。家族ではないのか。

「あそこにご飯とお風呂もあるから一緒に行こう」と、誘い合って来るのかもしれません。

スズメは昔から好きです。

スポンサーリンク

 

初青虫

2020.5.19

ようやく青虫にお目にかかれました。

ミニチュア。今季初です。

みどり頭。全長2センチ。フェイクの眼が機能していません。

おしりにお面を付けて一生懸命に食べていますが、最後は残念でした。

完食ならず。

スポンサーリンク

 

痛恨

2020.5.19

餌用に取ってきた葉っぱを冷蔵庫に保管しているのですが、そこに幼虫が紛れ込んでいました。

痛恨。水滴でふやけていました。

卵の殻も一緒にあったので、孵化したばかりだったのか。

外で取ってきた葉っぱには細心の注意を払っているので、前例のないこと。かみさんはとても悔やんでいました。

申し訳ない。

気をつけます。

 

2020/5/21

コメント

タイトルとURLをコピーしました