質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【発見‼】アゲハチョウの幼虫が動かない5つの理由

アゲハチョウの幼虫が動かないですか?

何の問題もなさそうなのに何でだろうと、疑問に思われているかもしれません。

アゲハチョウの幼虫が動かない理由は、これから取り上げる現象のいずれかであると考えて間違いないでしょう。

明らかな病害や薬害はここに含めません。

1つずつ見ていきましょう。

アゲハチョウの幼虫が動かない理由

ここで述べることは、アゲハチョウの種類を問いません。

脱皮に備えている

頻度からして一番ありがちな理由は2つ。1つは脱皮が近いこと

アゲハの幼虫は蛹になる時を除いて、通常4回脱皮します。

1齢から2齢、2齢から3齢、3齢から4齢、4齢から5齢幼虫になる時です。稀に6齢まで行く幼虫がいますが、滅多にいません。

幼虫は脱皮が近づくと餌を食べなくなり、

このように額をべったり葉っぱにくっつけて動かなくなります。

その間(1~2日)は新しい体を準備していますので、触ってはいけません

その場所(糸を張り巡らした葉っぱ)から落ちてしまうと、脱皮する時に体が固定されていないため、脱皮不全で死んでしまうからです。

脱皮の動画はこちらの記事でご覧になれます。

脱皮のあと休んでいる

頻度からして一番ありがちな理由、もう1つは脱皮のあとの休憩

幼虫は脱皮終了後、概ね10分ぐらい経つと、脱け殻を食べ始めます。

脱け殻を食べ終わると、しばらく動かなくなります。

脱皮で体力を消耗したのと、脱け殻を消化するためでしょう。

蛹化に備えている

次に考えられる理由は蛹化が近いこと

通常、5齢幼虫は1週間前後で前蛹になりますが、その前兆、つまりガットパージ(幼虫最後の排泄)の前に、

このように垂直に近い状態で動かなくなる時間帯があります。

その後、おしりを横に出して水様便をし、ワンダリング(蛹化の場所決め)を始めます。

ガットパージやワンダリングに関しては、こちらの記事をご覧ください。

寄生されている

4つ目の理由となる寄生、これは滅多にないことです。

なぜかと言うと、ほとんどの場合、アゲハの幼虫は寄生されていても、蛹になるまでは普通に成長するからです。

アゲハの幼虫が寄生されることは日常茶飯事ですが、寄生虫の影響で幼虫が動かなくなることは滅多にありません。

それでも、ごく稀にこういうことがあります。

ナミアゲハの3齢幼虫から、寄生バチの幼虫が出てきました。

多くの寄生虫はアゲハが蛹になってから外に出てきますが、このように幼虫の段階で出てくる寄生虫もいます。

こういう場合、アゲハの幼虫は葉っぱから落ちたり、

このように食草から離れて、不自然な場所にいたりします。

外見は問題なさそうに見えますが、ほとんど動きません。

病気に罹っている

5つ目の理由は病気。これも滅多にないことです。

アゲハの幼虫は病気に罹っていれば、ほとんどの場合葉っぱから落ちて死ぬからです。

それでもごく稀に、健康そうに見えて、実は病気に罹っていて動かないというケースがあります。

最近うちでそういうことがありました。

詳細に関してはこちらの記事をご覧ください。

まとめ

以上、アゲハチョウの幼虫が動かない理由を5つ挙げました。

ほとんどのケースは1~3番目ですが、あとの2つも覚えておきましょう。滅多にないこととはいえ、家飼いでもあり得ます。

事実、前述のとおり我が家でも生じました。

卵や幼虫は採取した時点で寄生されていたり、外で調達した食草に病原体や寄生虫の卵が付いていたりすることは珍しくありません。

油断できません。

この記事がお役に立てば幸いです。

アゲハチョウの幼虫に関する総括的な情報は、こちらの記事でご覧ください。

2020/8/13,2021/10/28

コメント

タイトルとURLをコピーしました