飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

【閲覧注意】ヤドリバエの幼虫がアゲハの蛹から出てきた‼

羽化すると思っていたアゲハの蛹の下に、白い幼虫がうごめいていましたか?

あるいは、あるはずがない小豆のような蛹が落ちていましたか?

そんなことがあって、ヤドリバエの存在を知ったかもしれません。

この記事では次の疑問の答えが得られます。

  • ヤドリバエとはどんな虫なのか。
  • ヤドリバエの寄生をどのように見分けられるか。
  • ヤドリバエは宿主からどんな感じで出てくるのか。
  • ヤドリバエ対策としてどんなことができるか。

記事にはタイトルのとおり、ヤドリバエの幼虫(うじ虫)の動画があります。

苦手な人は見ないほうがいいかもしれません。

ヤドリバエとは

ヤドリバエとは、ハエ目ヒツジバエ上科ヤドリバエ科に属する昆虫の総称。

名前のとおり、寄生バエです。

ヤドリバエは30種類以上いて、宿主はいろいろ。すべてがアゲハに寄生するわけではありません。

こちらの記事 に成虫の画像がたくさん載っています。

アゲハに寄生するヤドリバエでよく知られているのは次の2種類。

ブランコヤドリバエ

宿主の表皮に産卵(孵化した幼虫は宿主の表皮を食い破って寄生)します。

マダラヤドリバエ

宿主の周囲の食草に産卵(卵は宿主の体内で孵化)します。

我が家でも毎年たくさん犠牲になっています。

ヤドリバエ寄生の見分け方

ほとんどの場合、ヤドリバエに寄生されたことは、アゲハが蛹にならないとわかりません。

寄生されるとこうなります。

まず、内部に黒い点が現れます。(画像の蛹はアオスジアゲハ)

4日後。表面は全体的に黄色っぽく変色。

中は黒ずんでいて、透明の体液が漏れて固まっています。

ここからヤドリバエの幼虫が出てきました。

ヤドリバエの幼虫と蛹

これです。

気づいた時には、すでに床面を這っていました。

気持ち悪い。

這行が不安定ですね。すぐにひっくり返ります。(赤い点に見えるのはゴミ)。

本来はすぐ土に潜って蛹になるので、こんなに長く移動することは想定外でしょう。気の毒なことをしてしまいました、というか、どっちがしたのか。

放っておいたら、シートの下に潜って蛹になっていました。

はや‼

ヤドリバエが出てきた後の蛹。

我が家のこれまでの記録では、1つの蛹から5匹出てきたことがありました。

ヤドリバエが外に出てくるのは、アゲハが蛹化してから4,5日後です。

追記(2020.9.3):

うちでヤドリバエが羽化しました。こちらの記事をご覧ください。

ヤドリバエが出てくるところ

後日、隔離していたナミアゲハの蛹から、ヤドリバエの幼虫が出てきました。

(すでに1匹出ています)。

放っておいたら、

こうなっていました。

ヤドリバエに寄生されたアゲハに、羽化の見込みは全くないのか。

そんなことはありません。

超レアケースですが、こちらの記事をご覧になってみてください。

ヤドリバエ対策

では、ヤドリバエからアゲハを守るためには、どうしたらいいのか。

幾つか対策があります。

こちらの記事をご覧ください。

あとがき

ヤドリバエに寄生されて死亡。

ひと月ほどかけて育ててきたアゲハが、羽化を目前に控えて死んでしまうのは悲しい結末です。

アゲハを中心に考えればそうですが、これも自然の営み。仕方ありません。

アゲハ愛好家から見ればヤドリバエは悪者ですが、ヤドリバエ愛好家もいるかもしれません。

会ったことはありませんが。

2019/7/26,2022/5/8

コメント

タイトルとURLをコピーしました