アゲハ飼育日誌2026 多面体 ベランダ産卵 謎の病死

アゲハ飼育日誌2020年第26稿:

まだ羽化ラッシュとまでは行きませんが、連日のようにナミアゲハかアオスジアゲハが羽化しています。

今年になって何匹飛び立っていったか、もうわかりません。

今のところ、飛べないほどの羽化不全はなく、順調です。

多面体

2020.6.14~18

数学の多面体ではありません。顔が幾つもある青虫(ナミアゲハの幼虫)のことです。

通常の同時期の青虫(右側)と、だいぶ様相が異なります。(まだ2cm)

幾つ顔が見えますか? 4つ、5つ…

おっとー。

消える顔、変わる顔。

糞が出た後は、ほっとした表情に。

スポンサーリンク

 

ベランダ産卵

2020.6.17~19

ベランダの柑橘類の鉢植えに、ナミアゲハが少なくとも4つ卵を産んでいました。

年に1度あるかないかの出来事です。

孵化後、ビン刺しに移動。

産卵に気づいた日の2日後に孵化したので、数日卵を見過ごしていたようです。

うちの柑橘類は育ちが悪いので、幼虫たちを移した後は、虫よけネットの下に置きました。クスノキと山椒もそうしています。

ベランダ産卵はうれしい半面、放っておくと寄生される可能性があるので、孵化するまで鉢を室内に入れておく手間が増えます。

スポンサーリンク

 

謎の病死

2020.6.19

アオスジアゲハの4齢幼虫が原因不明の病死。

体液が染み出て、臭角を出したまま死んでいました。

昨年はこの手のことが頻発し、ウィルス性の病気だとか、残留農薬だとか言っていましたが、素人にわかるわけがなく、どうにもなりません。

臭角を出しているということは苦しかったのか。

かわいそうな最後でした。

 

余聞

近所のラーメン屋の前にある柑橘類の木で、よく卵や幼虫を採取しているのですが、最近かみさんがラーメン屋の店主と初めて会いました。

気さくな人で、「どうぞ遠慮なく持っていってください」と言っていたとのこと。

その木は新芽がすぐ切られてしまうので、かみさんはちょくちょく見に行っているようですが、店主のお姉さんが虫嫌いで、新芽が伸びるとすぐに切ってしまうとのことでした。

アゲハにそんな事情がわかるわけはなく、何匹犠牲になっていることか。

店主は、「その木にいると、みんな寄生虫にやられちゃうんだよね」と言っていたそうなので、少しはアゲハに愛着があるのかもしれません。

そのうち、食べに行ってみようと思います。

 

2020/6/25

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました