質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌2202 70日で没 番外蛹化 ベランダの蛹

アゲハ飼育日誌2022年第2稿:

■最後のツマグロヒョウモン70日で没

■番外ウラナミシジミ、ヤサイゾウムシ蛹化

■ベランダ唯一のどちび越冬蛹

■フロントページ作成

70日で没

2022.2.4

1頭だけ生き残っていたツマグロヒョウモンが死にました。

羽化後、少なくとも70日は生存。( 前回の日誌

昨年10月中旬にラーメン屋で救済した幼虫の飼育は、これで終了。

お疲れさまでした。

番外蛹化

番外2匹が蛹化。

ウラナミシジミ

2022.2.18

グリーンピースのさやに入っていた虫。

豆を食べて満ち足りていたようで、葉っぱに乗せても動き回るだけ。

いつの間にか葉っぱにくるまって蛹化。

「グリーンピース 虫」で検索しても何の虫だかわからず、ツイッター(#教えて虫の人)で問い合わせました。

ウラナシジミ

シジミチョウとは予想外。かみさんは喜んでいました。

公仁さん、ありがとうございました‼

今はこんな感じになっています。

調べてみたところ、ウラナミシジミは蛹化後10日前後で羽化するようです。

まだ寒いので、もう少しかかるかもしれません。

楽しみ。

ヤサイゾウムシ

2022.2.20

あとは、コマツナに付いていたヤサイゾウムシ。

朝、脱走していたのを見つけて、土の上に移動。

この中にはヨトウムシの蛹も入っています。

一昨年の飼育経験が活きました。( 一昨年の日誌6稿

一昨年の記録を見ると、土に潜ってから羽化までは40日ほど。

出てくるのは3月末頃でしょう。

ベランダの蛹

2022.3.4

うちの越冬蛹は通常、ダンボール箱に入れて外廊下に置きますが、

今年は1匹だけベランダにいます。

ガットパージが無かったどちび蛹。( 昨年の日誌35稿

22mmしかありません。

このところ暖かい日が続いていますが、まだ大丈夫そう。羽化の気配はありません。

例年、ベランダの蛹は外廊下の蛹より早く羽化します。最初の羽化は昨年が3月28日、一昨年は今日と同じ3月4日でした。

色づいていないか、時々見ないといけません。

フロントページ

お気づきになったでしょうか。

フロントページ を作りました。

少しはかっこがついたかな。

初めて訪れた人が迷わないようにしたつもりですが、ご意見があればお知らせください。

たいした手間ではないのに、何でもっと早くやらなかったのか。

これで指名検索やブックマークが増えることを願います。

2022/3/4

コメント

タイトルとURLをコピーしました