アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

アゲハチョウの幼虫が下痢 なんで?どうしたらいいの?

アゲハチョウの幼虫が下痢をしましたか?

なんで? 病気なの? どうしたらいいの? と思われているかもしれません。

この記事では、そんな疑問にお答えします。

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウ幼虫の下痢

なんで下痢?

アゲハチョウ幼虫の下痢って、こんな感じですよね。

これは正常な行動。病気ではありません。

幼虫は蛹化が近くなると、このように体内の余分なものを排泄します。

この排泄をガットパージと言います。

要するに、下痢は蛹化の準備なんですね。

 

クロアゲハは体が大きいせいか、ガットパージに適した場所(垂直に近い角度になっていて、おしりを横に出せる場所)がないと、さまよい始めることがあります。ご注意ください。

 

スポンサーリンク

 

下痢のあとは?

幼虫は下痢が終わると、俄然動きが速くなり、蛹になるのに適した場所を探し始めます

その行動をワンダリングと言います。

放っておくと行方不明になりかねませんので、どこかに閉じ込めなければなりません。

我が家ではアクリルケースか虫かごかダンボール箱に閉じ込めます。

いずれの場合も、枝を入れたり、壁に割り箸やネットを貼ったりして、幼虫が糸掛けをしやすいような環境を整えておく必要があります。

屋外で飼育しているのであれば、ネットで木を覆うといいでしょう。

今はやっていませんが、我が家では以前こうしていました。

100円ショップで買ってきた防虫ネット2枚をつなぎ合わせて、裾にループを作ってひもを通したネット。

山椒の周りに支柱を立てて、それをかぶせています。

がんばりました。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、アゲハチョウ幼虫の下痢の意味と、下痢の後の対応について書きました。

下痢の意味は蛹化の準備下痢の後の対応は隔離です。

当サイトではこれまで、「下痢便」というのは音の響きが厭なので、ガットパージの排泄物は「水様便」と書いてきました。

ところが、検索のキーワードになっているのは「下痢」なので、この記事ではそれに合わせています。

譲歩しました。というか、SEO対策です。

ガットパージ~ワンダリング前後の飼育ノウハウは、こちらの記事でご覧ください。

アゲハチョウ 蛹になるまでの期間 注意を要する3つのポイント
アゲハチョウの飼育をしていて、一番気を遣うのは幼虫が蛹になるまでの期間ではないでしょうか。その間には、注意を要する3つのポイントがあります。この記事では、その点について丁寧に解説しています。参考になさってください。

 

2021/4/25

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました