アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

【検証】アゲハチョウ フンでわかる幼虫の成長過程

アゲハチョウ幼虫の成長過程は、フンを見ればわかります。

幼虫の成長と共に、フンの形状はどのように変化するのでしょうか。

フンの形状からどんなことがわかりますか。

この記事をご覧になれば、そんな疑問の答えが得られます。

どうぞ参考になさってください。

 

アゲハチョウ フンでわかる成長過程

フンの形状

アゲハ幼虫のフンの形状は以下のとおり大別できます。

乾いた黒いフン
湿った緑のフン
液状のフン

②は①より大きくなります。

食べている葉っぱによって色合いは異なります。

このとおり、色とりどり。

液状のフンは以下のとおり。

柑橘で育ったナミアゲハのフン。

山椒で育ったナミアゲハのフン。

ウマノスズクサで育ったジャコウアゲハのフン。

 

スポンサーリンク

 

成長に伴うフンの変化

幼虫のフンは終齢になるまで硬く蛹化が近づくにつれて柔らかくなり、ガットパージ(幼虫最後の排泄)では液状になります。

●1齢幼虫~終齢幼虫前半: 硬いフン(前述①)
●終齢幼虫後半: 硬いフンから徐々に柔らかいフン(前述②)に変化
●ガットパージ: 液状のフン(前述③)

ということなので、終齢幼虫の後半になったら、単独で育てるといいでしょう。

我が家ではこうしています。

こうしておけば、フンの形状の変化がわかるので、ワンダリング(蛹化の場所決め)に備えることができます。

なるほど。

ガットパージに関しては、こちらの記事をご覧ください。

アゲハチョウの幼虫が下痢 なんで?どうしたらいいの?
アゲハチョウの幼虫が下痢をしましたか? なんで? 病気なの? どうしたらいいの? と思われているかもしれません。この記事では、そんな疑問にお答えします。どうぞ参考になさってください。

 

アオスジアゲハの幼虫が液状便をすることはほとんどありません。

最後はこういうフンをします。

これは4匹分。

ワンダリングの前に湿った黒いフン(直径3mm)をして、場所が決まってから最後にカラフルなフン(直径1mm)をします。

カラフルなフンをしない幼虫もいます。

 

スポンサーリンク

 

危険信号

危険信号となるフンがあります。

例えば、

ガットパージではない時の液状便。

ウィルスや細菌に感染しているかもしれません。

と言っても、致命的ではない場合もあります。

あとは、

連なるフン。

7連は超珍しい。

病害か薬害か。この幼虫は蛹になることなく死にました。

いずれにしても、幼虫は密集、高温多湿を避け、風通しの良い場所で育てましょう。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、アゲハチョウ幼虫のフンについて書きました。

お役に立てば幸いです。

当サイトではアゲハチョウ幼虫の排泄物を「糞」と称していますが、検索のキーワードは「フン」になっているため、この記事ではそれに合わせました。

アゲハチョウ幼虫のおもしろい習性に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【発見】アゲハチョウ幼虫自由研究 餌の食べ方 おもしろい習性
アゲハチョウの幼虫は種類によって外見だけでなく、性格や行動様式も異なります。自由研究にはうってつけの題材と言えるでしょう。我が家で観察しているうちに、いろいろなおもしろい習性があることに気づきました。どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウの食性や飼育方法全般に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【簡単】アゲハチョウ飼育完全ガイド 画像動画満載
アゲハチョウを飼育していますか? この記事をご覧になれば、初めての人でも簡単に飼育できるようになります。長年の経験に基づき、細部に至る点まで丁寧に書いていますので、どうぞ参考になさってください。画像や動画満載です。

 

2021/7/31

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました