質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【検証】アゲハチョウ オスメスの違い 見分け方 幼虫で蛹で蝶で

アゲハチョウオスメスの違いはどこで見分けたらいいのか。蝶なら見分けられるけど、幼虫でも蛹でも見分けられるのか、と思われているかもしれません。

いろいろ調べて、うちで育てているアゲハチョウを観察して、オスとメスの違いがはっきりわかりました。どこを見ればいいのか、この記事にわかりやすくまとめましたので、参考になさってください。

この記事をご覧になれば、幼虫でも蝶でも、アゲハチョウの種類によっては蛹でも、オスとメスを見分けられるようになります。

アゲハチョウのオスとメスの見分け方

蝶はわかりやすい

蝶のオスとメスは簡単に見分けられます。

見る所は2か所。おしりと翅。

おしりの形 オスはほっそり メスはずんぐり

おしりの形は以下のとおり。

オス: ほっそり。先端が割れている。

メス: ずんぐり。先端が割れていない。

こんな感じです。

オス

メス

オスのおしりの先端が割れているのは、交尾の時にメスのおしりを挟むため。その部分は交尾器の一部で把握器(valva)と言います。

翅の色 オスは白っぽい メスは黄色っぽい

次は翅の色ですが、これはナミアゲハ限定になります。

違いは以下のとおり。

オス: 白っぽい

メス: 黄色っぽい

こんな感じです。

右がオス、左がメス。ほぼ同時に羽化。

結構違いますね。

それでも、単独で見るとわかりにくいので、おしりの形で識別するほうが確実です。

後翅の赤い斑点は当てにならない

おまけでナミアゲハの後翅の赤い斑点について書いておきます。

「アゲハチョウ オスメス」で検索していたら、後翅に赤い斑点があるのがメス、無いのがオスと書いている記事がありました。

それは間違っています。確かに、

このような後翅に赤い斑点がないオスはいますが、すべてがそうではありません。

こちらの動画をご覧ください。

把握器を開閉しているので、明らかにオスですが、後翅に赤い斑点があります。

ということで、「後翅に赤い斑点がなければオス」とは断定できません

蛹は裏側の筋でわかる

蛹のオスとメスの違いは、ちょっとわかりにくいかもしれません。

蛹裏側最下部から少し上の所に縦の筋があればメス、なければオスです。詳しい説明はこちらの記事でご覧ください。

幼虫は透視でわかる

幼虫のオスとメスはいつでも見分けられるわけではありません。終齢幼虫になって、ガットパージ(最後の排泄)が済んだ後、見分けられるようになります。

こちらの動画をご覧ください。

ナミアゲハ♂

このようにライトで照らしてみて、睾丸が透けて見えればオス、見えなければメスです。

排泄物がきれいになくなった後なので、くっきり見えるんですね。

うちではスマホのライトに乗せます。

ナミアゲハだけでなく、キアゲハ、クロアゲハなど、他のアゲハチョウのオスとメスも、この方法で見分けられます。

アオスジアゲハはライトで照らさなくても、睾丸が見えるかもしれません。こちらの記事をご覧になってみてください。

あとがき

以上、アゲハチョウのオスとメスの違い、蝶、蛹、幼虫、それぞれの見分け方について書きました。一番わかりやすいのは蝶ですね。

アゲハチョウ以外の蝶でも、オスはおしりの先端が割れていて、メスは割れていません。

この記事がお役に立てば幸いです。

アゲハチョウの総括的な情報はこちらの記事でご覧ください。

2021/4/23,2023/2/2

動画アーカイブはこちら

チャンネル登録お願いします‼

豆知識
趣味のアゲハ館

コメント

  1. 通りすがりの虫好き より:

    雌雄の見分け方に困っていました。
    わかりやすく大変役に立ちました。ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました