質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハチョウ放す? 雨だったら 寒かったら 夜だったら

アゲハチョウが羽化したけれど、放したほうがいいか、放さないほうがいいか。

雨が降っているけど、寒いけど、夜だけど大丈夫かなぁ、と思い悩んでいるかもしれません。

この記事はそんな時の判断材料になります。

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウ放す?

ご存じのことと思いますが、アゲハチョウは羽化してすぐ飛べるわけではありません。

翅が伸びて乾くまで少なくとも2時間、できれば3時間は待ってあげましょう。

雨だったら

雨が降っていたらどうするか。

迷いますね。

でも、ここではっきり言えることは、本降りの雨だったら放さないほうがいい、ということぐらいです。

羽化当日は翅がまだしっかりしていませんし、外に出しても雨宿りするだけなので。

本降りの雨でなければどうするか。

少々の雨なら放すという人もいれば、少しでも降っていたら放さないという人もいます。

因みに、うちでは少々の雨なら放します。

家の中にいると、バタバタ暴れて翅が傷ついたり、脚が取れたり、ろくなことがないので。

寒かったら

蝶が活動できないくらい寒い日なら、放さないほうがいいでしょう。

蝶が活動できる気温

では、蝶が活動できる気温とはどれくらいなのか。

調べてもわからなかったので、専門機関に尋ねてみました。

こちらの記事をご覧ください。

11月だったら

アゲハチョウの活動時期は概ね3月~10月です。

では、11月に羽化してしまったらどうするか。

まだ暖かい日があるとしても、11月は平均気温がぐっと下がります。

花も少ないでしょうし、ペアリングも難しいでしょう。

家で寿命を全うさせてあげるほうがいいように思いますが、家の飼育環境なども考慮に入れて判断してほしいと思います。

夕方~夜だったら

アゲハチョウは昼行性なので、夜間は活動しません。

観察していると、日没前(17~18時頃)にはもう寝ているようです。

カーテンにとまったまま寝ていることが多い。

ということで、夕方以降は放さないほうがいいです。

基本は蝶に任せる

以上、アゲハチョウを放そうと思った時、雨だったら、寒かったら、夜だったらどうするか。

参考になる情報を書きました。

放す時は無理やり飛ばすのではなく、蝶が自発的に飛ぶのを待つようにしましょう。

飛ばない時はそれなりの理由があります。

こちらの記事を参考になさってください。

放さないことにした場合は、保護する場所や餌やりのことを考えなければなりません。

こちらの記事を参考になさってください。

この記事がお役に立てば幸いです。

2022/9/25,11/4

コメント

タイトルとURLをコピーしました