質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌2222 意外な?代用餌 友人の鞄に定位

■ツマグロヒョウモン今季初採取

■意外な?代用餌 食草の実の皮とか根とか

■とっちらかってなかなか収まらない口吻

■ナミいも友人の鞄に一時定位~うちで無事蛹化

ツマグロヒョウモン今季初

2022.9.21~30

かみさんがいつものラーメン屋で、ツマグロヒョウモンをもらってきました。

幼虫3匹。今季初採取。

おじさんが「これ、共食いするんですよね。残骸を見た」と言っていたとか。

調べてみたら、ツマグロヒョウモン共食い情報はありませんでした。

おそらく別のものと見間違えたのでしょう。

翌日、9月22日、1匹早くも前蛹化。

23日、蛹化。

ちょうど1週間後、30日、羽化。雄。

羽化の瞬間見逃し。まだ一度も見たことがありません。

アゲハはもぞもぞ出てきますが、ツマグロはスポっと出るんですよね。

動画を撮れるのはいつになることか。

意外な?代用餌

2022.9.25~26

これは思いつきませんでした。

ミカンの皮を食べるクロアゲハの終齢幼虫。

こっちはナミアゲハの中齢幼虫。

ちゃんと葉っぱはあるのに皮を食べているとのこと。

さらに、人参のスライスを食べるキアゲハ。

意外と言えば意外ですが、食草の実と根。でも、意表を突かれました。

餌が無い時には、代用餌になるかもしれません。

個体差なく食べるのか。発育に問題はないのか。

うちではまだ試したことがありません。

口吻くるくる

2022.9.27

クロアゲハが羽化。

脚が止まったと思ったら、

口吻がとっちらかって、なかなか収まらない様子。

いつもこうなの?

友人の鞄に定位

2022.9.28~30

友人の鞄に付いてきたナミアゲハの幼虫。

かみさんが「ここで蛹になるのかも」と言うと、友人は「じゃあ、この鞄持ってってくれ」と言っていたとか。

結局、突っついたら動き出したので、うちに持ち帰り。 

蛹化用のケースに入れたら、すぐ定位。

翌朝、糸掛けを始めました。

(3倍速)

最後の糸をくぐるところ。

くの字。「7」と言う人も。

ふーん。

同じ日の夜20時1分、脱皮して蛹化。

(5倍速)

前蛹が蛹に変わるまで。

19:45 脱皮直前

20:34 脱皮30分後

23:08 変色途上

翌日7:30 擬態ほぼ完了

友人が言うには、玄関先に柑橘の木があるので、そこからさまよい出て鞄にくっついたのではないかとのこと。

途中で潰されなくてよかった。

うちに来れてよかったね。

2022/10/7

コメント

タイトルとURLをコピーしました