アゲハ飼育日誌1922 3センチで蛹化 ムースの青虫添え

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第22稿:

7月に入っても雨続き。先週末は台風まで来ました。

梅雨の時期に台風は珍しいのか珍しくないのか。地球温暖化でわかりません。

アゲハ飼育日誌は中3日。ちょっと間が空きました。

たった3センチ

2019.6.27~29

最後の便を控えて立ち止まったナミアゲハの終齢幼虫。

たった3センチしかありません。

最後の便前でこんなに小さいのは初めてかもしれません。

これまでは小さくても4センチはあったと思います。柑橘類の葉っぱで育ちましたが、「栄養不足だったのかもしれない」とかみさんは言っています。

計測後、きれいな緑色の水様便をして徘徊を始めました。

翌日、虫かごのふたで前蛹に。2.2センチ。

これもかなり小さいです。きっと、春型のような小ぶりの蝶になるでしょう。

スポンサーリンク

 

上から覗く好奇の目

2019.6.28

何だかよくわからないタイトルになりましたが、アオスジアゲハの幼虫が葉っぱを食べているところ。

そう見えませんか?

じーーーっと見ていますね。

下が動くと身を乗り出して見ています。興味津々。

下はお構いなしに食べています。相変わらずアオスジくんは早食いです。

 

大量の糸

2019.6.29

前述のちびっこ前蛹が脱皮して、蛹になりました。

体を固定する糸がびっしり付いているのがわかるでしょうか。

前蛹から蛹に変わる時の脱皮では体を激しく動かすので、背中に回した太い糸とおしりがしっかり固定されていないと外れてしまい、死んでしまうかもしれません。

こちらの記事をご覧になってみてください。その激しさがわかります。

アゲハチョウ 蛹になるまでの準備 注意を要する3つのポイント
アゲハチョウの飼育をしていて、一番気を遣うのは蛹化の準備ではないでしょうか。アゲハの幼虫が蛹になるまでの間には、注意を要する3つのポイントがあります。この記事では、その点について丁寧に解説しています。参考になさってください。

それで、幼虫はこのように大量の糸を吐いて、体をしっかりと固定します。

スポンサーリンク

 

ムースの青虫添え

2019.6.29

友人と我が家で食事をした後のアゲハ談義。

「かわいい!」と言う人、笑っているだけでそうでもなさそうな人、手に乗せて「はじめてさわった」と喜んでいる人…。

友人が持ってきたムースのいちごソースと、青虫のコントラストがいいと言って、かみさんが撮った1枚。

青虫はミニチュア(ナミアゲハの終齢幼虫なりたて)です。

ヨーグルトムースの青虫添え。

やですね。

 

2019/7/2

コメント

タイトルとURLをコピーしました