アゲハ飼育日誌1959 今年最後の蛹化 異種交配 虫の知らせ

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第59稿:

冬の暖かい日はうれしいものですが、アゲハ愛好家にとっては心配の種にもなります。越冬すると思っていた蛹が羽化してしまうからです。

そんなツイートがありました。

我が家もそんな冬を迎えています。

今年最後の蛹化

2019.12.1

アオスジアゲハが蛹化しました。

もう幼虫はいませんので、これが今年最後の蛹化と言って間違いないでしょう。

これで 前々回の日誌 に書いた在宅避難のアオスジ幼虫3匹全員が、無事蛹になりました。クスノキの鉢植えごとベランダに戻り、先発の1匹と共に休眠するはず。

ナミアゲハは羽化してしまうかもしれませんが、この4匹とジャコウアゲハ5匹は越冬してくれるでしょう。

来年の春が楽しみです。

スポンサーリンク

 

異種交配

2019.12.4

前回の日誌 に書いたとおり、ペアリングを避ける都合上、ナミアゲハとアオスジアゲハを同じ蝶ネットに入れているのですが、異種交配しないか一抹の不安がありました。

そうしたところ、フォロワーさんから「ナミアゲハはPapilio属、アオスジアゲハはGraphium属なので、ペアリングはしないはず」とのコメントをいただきました。

調べてみたところ、ギフチョウとヒメギフチョウ、カラスアゲハとミヤマカラスアゲハなど、近縁の異種交配は自然界でもあるそうですが、近縁種でなければ、自然に交配することはないようです。

これぐらいの知識は身につけておかないとだめですね。

スポンサーリンク

 

花の差し入れ

2019.12.4

アゲハチョウ羽化の話を聞きつけた義母が、花の差し入れをしてくれました。

「蝶には花」というのは自然な発想ですが、これがとんと蜜を吸ってくれません。

花にはネクターガイド(昆虫に蜜のありかを知らせるしるし)があるので、そばに置おけば飛んできて蜜を吸うと思っていたら、違いました。

このとおり、つまんで花の上に置いても、口吻は伸ばしますが、すぐに飛び去ってしまいます。

せっかく持ってきてもらったスミレですが、お口に召さなかったのか。

お母さん、すみません。お気持ちだけちょうだいします。

スポンサーリンク

 

虫の知らせ

2019.12.11

「虫の知らせ」とは、「よくないことが起こりそうであると感じること」です。(デジタル大辞泉)

かみさんが何となく気になって、最近は覗いていなかったメーターボックス(外廊下)の越冬見込み蛹を見てみたら、ナミアゲハが羽化目前の状態になっていました。

急遽部屋の中に入れたところ、翌朝羽化。

これぞ虫の知らせ。

越冬を望んでいたこちらからすれば、羽化は「よくないこと」。アゲハにとってもよくないことでしょう。

それでも早めに気づいたので、部屋の中で羽化させることができ、羽化不全もなくよかったです。

前回の日誌 に「まさかの4頭目羽化」と書きましたが、これで5頭目。想定外の展開に少々戸惑っています。

実は、季節外れの羽化がこのあとも続きます。

それは次回の日誌で。

スポンサーリンク

 

おまけ

前回の日誌 に書いたコナガが、いつの間にか羽化していました。

アゲハチョウと同じように、レースのカーテンにとまっているのをかみさんが発見。

部屋の中にいたから羽化したのか。そもそも蛾は越冬しないのか。

どうなんでしょうね。

 

2019/12/14

コメント

タイトルとURLをコピーしました