質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ飼育日誌2206 今季越冬初羽化 ジャコウアゲハ放蝶

■今季越冬蛹最初の羽化はベランダのナミアゲハ

■ジャコウアゲハは繁殖地に搬送して放蝶

■キマダラカメムシ里帰り?無事越冬の挨拶か

■グリーンとピンクのオシッコ

今季越冬初羽化

2022.4.17~18

唯一ベランダで越冬した蛹が色づきました。

4月17日16時58分

これは 昨年の日誌35稿 に載せたドちび蛹。

翌朝、羽化。

例年どおり、今年も最初の越冬羽化はベランダから。

前翅長3cm。ドちびナミアゲハ♂。

昨年の初羽化(3月28日)より、ちょうど3週間遅れでした。

ジャコウアゲハ放蝶

2022.4.19

今季2頭目、室内組最初の羽化はジャコウアゲハ♂。

昨年救済した6匹のうちの1匹です。( 昨年の日誌43稿

これは繁殖地に連れて行かなければなりません。

うちの近所にウマノスズクサ(ジャコウアゲハの食草)は、おそらくありませんので。

羽化してから3~4時間後、ジャコウの楽園(友人宅がある団地の中庭)まで搬送。

バイクで5分程走って到着。すでにジャコウアゲハが少なくとも5頭は飛びかっていました。

早速、放蝶。

と思ったら、全く飛ぶ気なし。いくら振り回しても、紙にしがみついて飛びません。

仕方なくむりやり草にとまらせたら、

突然雌が近寄ってきて、慌てて飛んでいきました。

雌蝶はフェロモンを嗅ぎつけたんですね。

思いも寄らない展開に私もびっくり。

住宅地に消えたうちの子は、そのうち戻ってくるでしょう。

カメムシの里帰り

2022.4.22

玄関ドアを開けて外に出たら、

足元にこれがいました。

キマダラカメムシの立派な成虫。

もしかして、去年うちで育った子の里帰り? 無事に越冬して挨拶に来たのか。

私と会ったら、義理を果たしたと言わんばかりに去っていきました。

これをツイッたら、「脚の運び方がよく分かりました」とのリプ。あぁ、そう言われてみれば。

6本脚の歩き方がわかりました。左の前脚と後ろ脚と右の中脚が一緒に動いて一歩。次に右の前脚と後ろ脚と左の中脚が一緒に動いて一歩。一方の前脚と後ろ脚が他方の中脚と連動しています。

複雑だな。

キマダラカメムシ成長の記録はこちらの記事でご覧ください。

グリーンとピンク

2022.4.26~27

久しぶりに見たよたよた羽化。

アオスジアゲハの羽化はいつもこんな感じです。

余りに遅いので5倍速にしました。

羽化した成虫は初めて飛ぶ前、必ずオシッコをします。

アオスジアゲハのオシッコはグリーン。

オシッコに見えない。

ジャコウアゲハのオシッコはピンク。

ジャコウアゲハ2頭目は♀。

これも搬送しました。

余聞

しばらく飼育日誌の投稿をさぼっているうちに、今季初○○がいろいろありました。

84匹の越冬蛹は続々羽化して、残りは20数匹。

昨年に比べ、寄生も羽化不全も少なく、比較的順調です。

イモ活も始まり、本格的なアゲハシーズンの到来。

これからが楽しみです。

2022/5/7

コメント

タイトルとURLをコピーしました