アゲハ飼育日誌2022 殻探し 夏型初の羽化 親スズメの献身

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第22稿:

梅雨でも初夏は好きな季節ですが、もう15日。

好きな季節は早く過ぎ去ります。

殻探し

2020.6.4

これは何をしているところか、わかりますか?

孵化して間もないアオスジアゲハの幼虫が、卵の殻を食べようと思って探しているところ。

自分のおしりに引っかかっていることに、気づいていないようです。

5分以上こうやっていたと思いますが、そのうち卵の殻は下に落ちてしまいました。

かみさんが拾って、片栗粉をお湯で溶かした糊(でんぷん質)でくっつけてやると、

食べ始めました。

この枝は 前回の日誌 の最初に書いた非情な産卵場所。

すでに食べられるような葉っぱはなく、殻食の後は引っ越しました。

生き延びられてよかったな。

スポンサーリンク

 

夏型初の羽化

2020.6.4

今季初の卵採取(5月5日)からちょうど30日。

最初の夏型が羽化しました。

1頭目。

少し遅れて2頭目。

この2頭が孵化したのは 今年の日誌12稿 にあるとおり、5月6日と7日でしたが、同じ日に羽化しました。

どちらも健康体で幸先のいい出だし。

元気に飛んでいきました。

スポンサーリンク

 

親スズメの献身

2020.6.5

ベランダで餌付けを始めた頃は、単独で来るスズメばかりでしたが、最近は親子連れが毎日やって来ます。

この親鳥の献身には頭が下がります。

この時は2羽でしたが、ひなが3羽来る時もあります。

今回気づいたのですが、スズメのひなは始終チュンチュン鳴いていて、常に羽をプルプルさせています。

何ででしょうね。

騒がしい時は親子連れとすぐわかります。

スズメに限ったことではありませんが、鳥はいっぺんにたくさん食べられないので、朝6時頃から夕方6時頃まで何度も飛来。

餌を食べるだけでなく、水浴びや土浴びもするので、夕方になるとベランダは土だらけ、糞だらけ。

スズメに遠慮してか何なのか、キジバトはぱったり来なくなりました。

代わりにイエバトがたまに来るのですが、かみさんははたきで追っ払います。この前は悲し気な目でこっちを見ていたとか。

イエバトは団体で来るうえに、巣を作る可能性があるので、仕方ありません。

一度、ムクドリが3羽連れだって来たところを目撃しました。

最初は手すりにとまって、スズメが餌を食べているのを眺めていて、そのうち床に下りてきましたが、餌をついばむことはなく、すぐに飛び去りました。

あれはどういう行動だったのか。

私はアゲハの幼虫を見ているより、スズメの親子を見ているほうが飽きません。

 

2020/6/15

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました