アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQでご覧になれます。

アゲハ飼育日誌2119 蛹便が出ない羽化 糸掛けしない前蛹

アゲハ飼育日誌2021年第19稿:

8月も残り10日余り。

夏の終わりはいくつになっても寂しく感じます、と、毎年書いているような気がします。

珍しいトピックを含む飼育日誌。

 

フリフリ

2021.8.9

幼虫が脱皮の最後におしりをフリフリするのが好き、と言う人、多いですね。

こんな感じで。

3倍速。

フリフリフリフリ、ピクピク、フリフリ、ピクッ。お面飛ばし。

クロアゲハの青虫誕生。

 

スポンサーリンク

 

糸掛けしない前蛹

2021.8.11~15

糸掛けしない前蛹が続きました。

アオスジアゲハは葉っぱの上で。

蛹ポケットに移しましたが、

翌日黒くなって死んでいました。

脱皮し始めで、こと切れたようです。

今年は見慣れた光景です。

クロアゲハはおしりの固定をしただけ。かろうじて枝にくっついていますが、帯糸は掛けていません。

この幼虫はガットパージらしい排泄がなく、水様便垂れ流しで10時間以上歩き回っていました。

なので、前回の日誌 に書いた「徘徊後衰弱死」と同じと思っていましたが、意外にも蛹ポケットに入れておいたら、

翌日ちゃんと蛹になっていました。

果たして、ちゃんと羽化できるのか。

どうかな。

スポンサーリンク

 

蛹便が出ない羽化

2021.8.15~19

蛹便が出ない羽化。

こんなのは初めてです。

翅はくちゃくちゃのまま。お腹はパンパン。

クリオネみたい。

蛹便とは…

さなぎから羽化するときに排出される体液。チョウなどの完全変態をする昆虫の一部にみられる。折りたたまれた羽を展開するとき、翅脈に体液を圧送するが、その余分な体液を便として排出するもの。羽化液。―goo国語辞書

ということは、体液が翅に圧送されず、蛹便も出なかったということか。

それでも、

翌日にはだいぶ細くなりました。

吸蜜も。

カーテンにはとまれず、床ではすぐひっくり返ってしまうので、専用宿舎で就寝。

弟分と窓辺のひと時。

5日で没。短命でした。

 

スポンサーリンク

 

天井で蛹化

2021.8.18~19

アオスジアゲハの幼虫が靴箱の上のビン刺しから脱走。ワンダリング。

周りを見渡すと、

天井で蛹化の模様。

アオスジアゲハはだいたいビン刺しの中で蛹化しますが、気に入った角度の葉っぱがないと脱走します。

翌日無事に糸掛け、脱皮。

我が家で天井に張り付いた蛹は初めてかもしれません。

蛹ポケットとどっちがいいかなぁ。

 

2021/8/20

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました