アゲハ飼育日誌2028 クロアゲハ羽化 手抜き 元チャンプ羽化

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第28稿:

今日はナミアゲハ2頭、アオスジアゲハ3頭が羽化しました。

幸い昨晩から降っていた雨は昼で止み、午後から夕方にかけて全員放蝶。

お泊りはなくてよかったです。

クロアゲハ羽化

2020.6.22

今季初、クロアゲハが羽化しました。

昨年の日誌を見てみたら、クロアゲハの羽化は昨年10月1日以来。

蛹化は6月10日なので、12日目の羽化。予想どおりです。

ナミアゲハやアオスジアゲハより体が大きい分、2,3日長くなります。

風格があり、落ち着いています。

今年最初で最後にならなければよいのですが。

スポンサーリンク

 

手抜き

2020.6.23

アオスジアゲハの蛹が付いている葉っぱが、ぽろっと落ちました。

これを見ておかしいと思った人は、アオスジアゲハをよくご存じの方ですね。

通常、アオスジアゲハの蛹が付いている葉っぱは、枝が枯れても落ちません。なぜなら、幼虫は蛹化する前に、葉っぱの付け根を糸で固定するからです。

昨年の日誌に載せた写真ですが、

通常はこうなります。

クスノキ(アオスジアゲハの食草)は常緑樹ですが、4月から5月にかけて落葉します。それゆえの習性なのかもしれません。

一昨日も、蛹になる場所を決めていた幼虫がおもむろに動き出し、葉っぱの付け根に入念に糸を吐いているところを見ました。

今回の蛹はうちにいるので手抜きをしたか。

だとしたら、賢いですね。

スポンサーリンク

 

元チャンプ羽化

2020.6.23

幼虫時代に脱皮不全で死にそうだったアオスジアゲハが、無事に羽化しました。

大きさは標準。健康体。

このとおり、妙なくびれはありません。

我が家ではこの個体を「元チャンプ」と呼んでいました。

なぜかと言うと、幼虫時代に、

このチャンピオンベルトのような、脱皮の皮の残りを失った(取ってもらった)からです。

意味がわからない方は、今年の日誌17稿 をご覧ください。

九死に一生を得た幼虫が、無事に羽化して飛んで行き、喜びも一入でした。

スポンサーリンク

 

余聞

前回の日誌で、冷蔵庫に入れてある葉っぱに卵が付いていたと書きましたが、今度は幼虫が付いていました。

ナミアゲハの1齢幼虫。1週間近く冷蔵庫にいたようです。

突っついたり、霧吹きで水を掛けたりしましたが、残念ながら蘇生しませんでした。

卵は生きて、幼虫は死亡。

不要なデータ。

 

2020/6/28

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました