【検証】アゲハチョウの幼虫や蛹が黒くなる3つの理由

アゲハチョウの幼虫や蛹が黒くなりましたか? 何でだろうと不安に思われているかもしれません。

全身が黒くなる場合もあれば、部分的に黒くなる場合もあるでしょう。

それには3つの理由が考えられます。

どうぞ参考になさってください。

アゲハチョウの幼虫や蛹が黒くなる理由

ここで述べることはアゲハチョウ全般に当てはまりますが、ジャコウアゲハの幼虫だけはもともと黒いので、識別が難しいでしょう。

農薬による薬害か病害

一番ありがちな理由は農薬による薬害か病害です。

その場合、こうなります。

アオスジアゲハ4齢幼虫。

体液が漏れて、臭角を出したまま死んでいました。苦しかったのでしょう。

ナミアゲハ5齢幼虫。

1本の腹脚の先端だけが黒く変色。拡大すると、かさぶたのように見えます。

薬害や病害の場合、全体的に黒くなることもあれば、部分的に黒くなることもあります。

あいにく画像がないのですが、蛹の場合は全体が黒炭のように黒くなりました

薬害と病害の判別は、専門家でないと難しいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

体液や吐しゃ物の乾燥

これは幼虫限定になりますが、表皮に付着した体液や吐しゃ物が乾燥して、黒くなることがあります。

こんな感じです。

アオスジアゲハ5齢幼虫。

顔の周り、特に口の下(喉?)が黒くなっています。

これは傷付いた表皮から漏れた体液か、あるいは口の下なので、吐しゃ物が乾いて黒くなったのではないかと思います。

拡大してみると、液体が乾いた跡のように見えます。薬害や病害の時のような黒ずみではありません。

この幼虫は脱皮して奇麗な蛹になり、無事に羽化。

春型のような小型の蝶になりました。

 

スポンサーリンク

 

寄生虫の黒い点

もうひとつ考えられる理由は寄生虫の黒い点。これは蛹限定になります。

こんな感じです。

アオスジアゲハの蛹。

ヤドリバエに寄生されていると、蛹になって1日か2日後に、このような黒い点が現れる場合があります。(現れない場合もあります)。

いかにも、中に異物があるという感じですね。

やがて黒い点は消え、蛹は湿っぽくなり、全体的に黄色っぽく変色し、中からうじ虫が出てきます。

その辺のことに関しては、こちらの記事でご覧ください。

【閲覧注意】ヤドリバエの幼虫がアゲハの蛹から出てきた‼
寄生虫ヤドリバエの幼虫がアゲハの蛹から出てきました。出てくるところをご覧になったことがありますか? この記事に動画がありますので、興味のある方はご覧ください。

寄生したヤドリバエがたくさんいると、

このように黒い点は消えるどころか、増え広がります。

この蛹にはおそらく5匹以上は寄生していたでしょう。

 

スポンサーリンク

 

原因不明の黒ずみ

以上、アゲハの幼虫や蛹が黒くなる3つの理由を挙げました。

加えて、原因不明の黒ずみも載せておきます。

はっきりした黒ずみ

ナミアゲハ5齢幼虫(同じ個体)。

胸部に染みのような黒い部分と、傷のような黒い部分が点在しています。

明らかに体液や吐しゃ物が乾いてできた跡でも、寄生虫の黒い点でもありません。

 

ナミアゲハの前蛹。

頭部と尾脚の部分がくっきり黒くなっています。

 

ここで挙げた例は薬害か病害なのかもしれませんが、いずれも蛹になると黒い部分は消え、無事に羽化しましたので、原因不明としました。

 

スポンサーリンク

 

ぼんやりした黒ずみ

アオスジアゲハ5齢幼虫。

胸部がぼんやりと黒ずんでいます。

最初は寄生されていると思いましたが、違いました。

あとで見てみると、このように黒い部分が動いていました。

黒ずみは滞っている血流のように見えます。

蛹になったら消えていました。

 

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、アゲハの幼虫や蛹が黒くなる理由についてまとめました。

せっかく育ててきた幼虫や蛹が黒くなると、心配ですよね。

それでも、黒くなった幼虫や蛹がすべて死ぬわけではありません。

この記事がお役に立てば幸いです。

 

2020/9/11,11/13

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました