アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2124 ワンダリング3様「無農薬」過信は禁物

アゲハ飼育日誌2021年第24稿:

昨日に続く秋晴れ。東京で2日続けて晴天は今月初めて。

今年羽化する予定の蛹は、残り2匹になりました。

 

ワンダリング3様

ワンダリング3連発。

脱走現場

2021.9.15

脱走現場を押さえました。

一目散ですね。(これは3倍速)

ビン刺しで育てていれば、よくあること。

見つけてもらってよかったね。

ワンダリングの時はとにかく急いでいて、指を出せばすぐに乗ってきます。

臭角も出しません。

表皮は柔らかくなり、カサカサからプニプニに変わります。

 

スポンサーリンク

 

たまたま睾丸

2021.9.15

ほとんどのアゲハはガットパージの後にワンダリングですが、アオスジアゲハは逆。

通常、ワンダリングの時には少しだけですが、まだ排泄物が残っています。

ところが、この時は珍しく残っている排泄物が多く、睾丸がくっきりわかりました。

たまたま見えたタマタマ。

それって、おもしろいの?

下痢まみれ

2021.9.16~17

ガットパージが近そうな幼虫は、ダンボール箱に入れておきます。

すると、クロアゲハの幼虫は

このようにビン刺しを離れて、壁に張り付きます。

垂直になりたいんですね。

で、これは下痢便を引きずってワンダリング。

かみさんが引っ張り上げて、アクリルケースに入れると、枝で位置決め。

枝でよかった。

壁だと蛹ポケットに移さなければなりませんが、枝ならそのまま動かせます。

翌日蛹化。

果たして、これは越冬蛹か。

クロアゲハにもナミアゲハのような特徴があるのでしょうか。

ご存じの方は教えてください。

 

スポンサーリンク

 

「無農薬」過信は禁物

2021.9.18

過信は禁物。何が?

無農薬野菜です。

レモンさんの話によると、メルカリで購入した「無農薬野菜」を食べさせたら、こうなったということ。

蛹化途中で次々に死んでいるとのことなので、脱皮阻害剤で間違いないでしょう。

こわい。

もちろん、リプライにもあるとおり、すべての「無農薬野菜」が危険というわけではありません。

我が家でも通販で無農薬栽培のブロッコリー(葉っぱ)を購入しましたが、モンシロチョウとコナガの幼虫がついていて、数匹無事に羽化しました。

メルカリなどで買う時は「幼虫の餌にしても大丈夫か」と、確認したほうがいいですね。

 

ちらほら蛹化

短日処理をした幼虫が、ちらほら蛹になり始めています。

昨年はパーフェクト、全部越冬しましたが、今年はどうか。

今のところ、越冬蛹特有の模様になった蛹はいません。

 

2021/9/20

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました