質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【検証】アゲハチョウ羽化失敗 考えられる4つの原因

愛情を込めて育ててきたアゲハチョウが羽化失敗。

これまでの苦労が水泡に帰したと感じるかもしれません。

悲しい。

原因は何でしょうか。

我が家における実例をもとに、考えられる4つの原因を挙げますので、参考になさってください。

アゲハチョウ羽化失敗の原因

転落

これは一番ありがちな原因でしょう。

羽化した成虫がどこにもつかまれなくて、転落してしまうケースです。

そうなると、翅はくちゃくちゃのまま伸びません。

よくあるのが、虫かごやダンボールの壁で羽化した場合ですね。

対策は蛹の前方に足場を作っておくか、蛹を蛹ポケットに移すか。

蛹ポケットに移す場合は、こちらの記事を参考になさってください。

乾燥

これもありがちな原因。

蛹の殻が破損していて、翅が乾燥してしまい、伸びないケースです。

我が家でやってしまった時は、ひたすら霧吹きで水を掛けて、事無きを得ました。

こちらの記事をご覧になってみてください。

羽化間近の蛹には極力触れないように、触れるとしても突起の部分をつまんだりしないようお勧めします。

羽化不全

原因不明の羽化不全(おそらく病害や薬害による先天異常)も時折生じます。

現象としては奇形、機能障害ですね。

脱皮阻害剤(農薬)で羽化不全になるという話を聞いたことがあります。

ぱっと見わからないこともあります。

こちらの記事をご覧になってみてください。

これはどうにもなりません。

羽化不全体は短命です。

寄生

寄生による羽化失敗。

これは滅多にないことですが、可能性ゼロではないので、最後に挙げておきます。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

あとがき

以上、アゲハチョウの羽化失敗で考えられる4つの原因を挙げました。

ほかにもあれば追記しますので、是非おしえてください。

1番目と2番目のケースは、対策を怠らなければ未然に防げるでしょう。

アゲハチョウの適切な飼育環境を含む飼育方法全般に関しては、こちらの記事をご覧ください。

2021/6/6,2022/7/8

コメント

タイトルとURLをコピーしました