質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【検証】アゲハ蝶羽化失敗4つの原因 落下 乾燥 欠陥 寄生

アゲハ蝶がまともに羽化できませんでしたか? 愛情を込めて育ててきたのに羽化失敗。これまでの苦労が水泡に帰したと感じるかもしれません。

原因は何か。わからないままだと、また失敗するかもしれません。

この記事では実例をもとに、考えられる4つの原因を挙げます。未然に防げる場合もありますので、どうぞ参考になさってください。

アゲハ蝶羽化失敗の原因

落下して翅が伸びない

これは一番ありがちな原因でしょう。羽化した蝶がどこにもつかまれなくて、落下してしまうケースです。

そうなると、翅はくちゃくちゃのまま伸びません。

よくあるのが、虫かごやダンボールの壁で羽化した場合ですね。

対策は蛹の前方に割り箸やネットを貼って足場を作っておくか、蛹を蛹ポケットに移すか。

蛹ポケットに移す場合は、こちらの記事を参考になさってください。

翅が乾燥して開かない

これもありがちな原因です。

蛹の殻が破損していて中が乾燥してしまい、翅が開かないというケース。

我が家でやってしまった時は、ひたすら霧吹きで水を掛けて、事無きを得ました。

こちらの記事をご覧になってみてください。

羽化間近の蛹には極力触れないように、触れるとしても突起の部分をつまんだりしないようお勧めします。

原因不明の欠陥欠損

原因不明の欠陥、欠損(おそらく病害や薬害による先天異常)も時折生じます。

脱皮阻害剤(農薬)で羽化不全になるという話を聞いたことがあります。

例えば、

翅がポロっとすぐに取れてしまったり、( 飼育日誌1940

アオスジアゲハ羽化不全体

翅が全く伸びなかったり。( 飼育日誌2119

このようにわかりやすい場合もあれば、ぱっと見わからない場合もあります。

こういうケースはどうにもなりません。

寄生による奇形

寄生されていても羽化する。これは滅多にないことですが、可能性ゼロではないので、最後に挙げておきます。

当然ながら、その場合はひどい奇形になります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

羽化する確率は1~2%でも

以上、アゲハ蝶の羽化失敗で考えられる4つの原因を挙げました。1番目と2番目のケースは、対策を怠らなければ未然に防げるでしょう。

自然界でアゲハ蝶が羽化する確率は1~2%です。NHK子ども科学電話相談で言っていました。

であっても、蛹になるまで育てたのであれば、ちゃんと羽化して飛び立つところまで見届けたいですよね。この記事が参考になれば幸いです。

アゲハチョウの基本的な情報はこちらの記事でご覧ください。

2021/6/6,2022/12/29

動画アーカイブはこちら

チャンネル登録お願いします‼

豆知識
趣味のアゲハ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました