アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

【発見】アオスジアゲハ 蛹の特徴 羽化までの期間

アオスジアゲハの蛹は異彩を放っています。他のアゲハとは異なる趣があります。

どんな特徴があるのでしょうか。

蛹が羽化するまでの期間はどれくらいでしょうか。

この記事はそんな疑問に答えます。

どうぞ参考になさってください。

 

アオスジアゲハ蛹の特徴

鮮やかな緑色のまま

ナミアゲハやクロアゲハの蛹に関して言えば、最初は鮮やかな緑色ですが、そのうち褐色やグレー、くすんだ緑色に変わります。

それに対して、アオスジアゲハの蛹は食草を離れなければ、

このような鮮やかな緑色のままです。

食草を離れると、薄茶色になることがあります。

 

スポンサーリンク

 

葉っぱの裏で蛹化

ほとんどのアゲハは蛹化が近づくとさまよい始め、枝や人工物で蛹になります。

一方、アオスジアゲハも蛹化が近づくとさまよいますが、ほとんどの場合食草を離れることはありません。

ほとんどの場合、葉っぱの裏で蛹化します。

葉っぱが枯れたら落ちてしまうではないかと思われるかもしれませんが、大抵は大丈夫です。

このとおり、

幼虫は蛹化する前、葉っぱの付け根に入念に糸を吐き、しっかり固定するからです。

賢いですね。

 

見事な擬態

アオスジアゲハの蛹の擬態は見事です。

蛹はどこにいるか、わかりますか?

答えは こちら です。

お見事。

葉脈までちゃんと真似ています。

 

 

スポンサーリンク

 

アオスジアゲハ羽化

羽化までの期間

アオスジアゲハの蛹が羽化するまでの期間はどれくらいでしょうか。

概ね 10日前後 です。

気温が下がれば、それなりに長くなります。

ナミアゲハより数日長い。

 

羽化の記録

あとは羽化の記録です。

ここに蛹が5匹います。

どこにいるか、もうわかりますよね。

うちのアオスジアゲハはこのようにビン刺し(切り枝)で蛹化します。

今回、1匹はそのまま葉っぱの上で羽化しました。

 

あとの4匹は葉っぱが落ちそうだったので、

念のため、蛹ポケットに移しました。

翌日、記念撮影。

翌日、うっすら翅の模様が見えてきました。

その翌日、産毛までわかります。

 

同日羽化。

めったにないことなのですが、脱け殻が引っかかりましたので、アシスト。

翅が伸びるまで早送り。

初めて飛ぶ時は、このようにしばらく翅をぷるぷるさせることがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

余聞

以上、アオスジアゲハの蛹の特徴と羽化の記録でした。

お役に立てば幸いです。

今朝の「NHK夏休み子ども科学電話相談」で聞きましたが、自然界でアゲハチョウの卵が蝶になる確率は、たったの1~2%だそうです。

我が家ではほとんどの卵や幼虫が蝶になりますので、アゲハ界にだいぶ貢献しています。

玄関に置いてあるオブジェ(?)

数えてみたら、脱け殻が13個ありました。

 

2018/7/24,2021/8/5

コメント

タイトルとURLをコピーしました