質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

【実録】ジャコウアゲハの幼虫 育て方 餌の準備 卵採取 毒性は?

ジャコウアゲハ幼虫を育てようと思っていますか? どうやって育てたらいいんだろう、餌は何だろう、ジャコウアゲハにはがあると聞いているけど、触っても大丈夫なのかと思われているかもしれません。食べなければ大丈夫です。(笑)

うちのかみさんが卵を採ってきて羽化させました。卵の採取、餌の準備から羽化まで、飼育記録をまとめましたので、参考になさってください。

この記事をご覧になり、餌を調達できれば、ジャコウアゲハの幼虫は難なく育てられるでしょう。

ジャコウアゲハの卵採取

幼虫の話に入る前に、卵の採取について。

うちの近所で把握しているウマノスズクサ(ジャコウアゲハの食草)の自生地は1箇所だけ。友人宅がある団地の植え込みです。

そこに行ったちょうどその時、ジャコウアゲハが産卵に来ました。

千載一遇の出会い。

植え込みに散在するウマノスズクサに産んでいきましたので、

4つもらってきました。

大きさは直径1mmほど。

ジャコウアゲハ幼虫の育て方

餌ウマノスズクサの準備

卵が孵る前に幼虫の食べ物を準備しておかなければなりません。

まず、卵と一緒にウマノスズクサを一株もらってきて、鉢に植えました。

ウマノスズクサ育友会の記事 を参考にして、メネデール(植物活力素。液体肥料ではない)をやるようにしました。

ウマノスズクサはつる性多年草で、根が生きていれば冬季以外は何度も新芽を出します。

と言っても、鉢植えがうまく育つかどうかわかりませんし、育つとしても当分先なので、餌は自生地から採ってくるしかありません。

ジャコウアゲハの幼虫は餌が足りなくなると、共喰いするとのこと。餌は絶やさぬようご注意ください。

追記(2020/11/27):

ウマノスズクサが東京都の絶滅危惧種に指定されているとは知りませんでした。(記事末尾のコメント欄をご覧ください)。ジャコウアゲハ自体は珍しいとはいえ、今のところ絶滅危惧種ではありません。

この時以降、ジャコウアゲハの幼虫とウマノスズクサの採取はしていません。と言っても、当地のウマノスズクサはただの雑草なので、周期的に刈り取られてしまいます。

孵化~飼育開始

取ってきた卵は4つとも孵化しました。

大きさは1~2mmほど。卵と同様にオレンジ色がかった茶系の幼虫。

ただ、餌は大量に準備できないため、この4匹は元の場所に戻し、代わりに産まれて間もない別の幼虫を1匹持ち帰りました。

我が家初となるジャコウアゲハの飼育が始まりました。

終齢幼虫になるまで

ジャコウアゲハの育て方は、他のアゲハチョウと何ら変わりません。

飼育の基本的なことがわからない方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

ほかのアゲハチョウと同じように、ビン刺しで成長を見守ります。

7月7日12時12分 最初の脱皮。2齢幼虫に。

7月9日19時15分 2度目の脱皮。3齢幼虫に。

7月12日15時26分 3度目の脱皮。4齢幼虫に。

成長が速いですね。

よく食べます。

7月16日おそらく1時頃 4度目の脱皮。5齢幼虫に。

2cmほどしかありません。

このあともりもり食べて、ぐんぐん成長。

5cmまで成長。意外に大きくなりました。

蛹になるまで

蛹化に向けて一連の行動開始。

ガットパージ~ワンダリング

7月20日9時頃、ガットパージ(幼虫最後の排泄)。

多くのアゲハチョウと同様に水様便でした。但し、色は黒。ウマノスズクサは毒草だからか。(後述)

ワンダリング(蛹化の場所探し)開始。

ジャコウアゲハは壁で蛹化するイメージが強かったので、虫かごやダンボール箱に閉じ込めたのですが、なかなか決まらず。

やむなくビン刺しに戻したら、すぐに茎で定位。結局、放っておけばよかったということ。(^^;)

何しろ、初めての飼育なもんで。

糸掛け~脱皮

7月20日21時頃、蛹化の最終段階となる糸掛けと脱皮が始まりました。

その様子はこちらの記事でご覧ください。

成虫になるまで

8月1日早朝に羽化。

蛹化後、羽化までの様子はこちらの記事でご覧ください。

成長過程まとめ

成長過程各段階の期間は以下のとおり。

産卵~孵化卵の期間約5日
孵化~脱皮1回目1齢幼虫の期間約2日
脱皮1回目~2回目2齢幼虫の期間2日と約7時間
脱皮2回目~3回目3齢幼虫の期間2日と約20時間
脱皮3回目~4回目4齢幼虫の期間3日と約10時間
脱皮4回目~糸掛け5齢幼虫の期間4日と約20時間
糸掛け~脱皮5回目前蛹の期間1日と約1時間
脱皮5回目~羽化蛹の期間10日と約4時間

孵化(7月5日)から羽化(8月1日)まで27日

こんなに速く成長するとは思いませんでした。

ジャコウアゲハの毒性

ジャコウアゲハにはがあります。

幼虫時代にウマノスズクサにある毒素、アリストロキア酸を体内に蓄積するとのこと。そのせいか、寄生されることは比較的少なく、ジャコウアゲハを襲った天敵は、二度と襲わなくなるとか。

羨ましい。

幼虫を触る分には何の問題もありませんが、食べてはいけません。成虫の腹部を食べた人は「激しい嘔吐、腹痛、全身に蕁麻疹、発熱などこの世のありとあらゆる苦痛」を経験したそうです。― 浜松科学館みらいーら「優雅に舞う毒蝶ジャコウアゲハの影響力」

あとがき

以上、ジャコウアゲハ幼虫の育て方、餌の準備、卵の採取、毒性などについて書きました。

ジャコウアゲハはアゲハ界の異端。幼虫には多数の突起、終齢になっても黒いまま、共食いの危険。有毒。雄蝶はフェロモンが強く、名前の由来になっている麝香のような香りがします。

越冬して春に羽化した雄。

今回羽化した雄。

このとおり成虫は美しく、魅力的です。

一度育ててみるのはいかがですか?

2020/8/2,2023/1/29

コメント

  1. Black-Wolfs より:

    うちでもジャコウアゲハを育てています。全部で五匹以上は羽化していると思います。ジャコウアゲハ、絶滅危惧種ですが、もっと増えて欲しいですね。

    • たむら船堀たむら船堀 より:

      そうですね。ウマノスズクサ育友会に頑張ってほしいところです。

  2. 虫好き より:

    2021年6月7日、近所で、人生初めてのジャコウアゲハの蛹を見つけ、小躍りしました。
    その後、17日には、まだ羽化していませんでしたが、21日には既に羽化し、その辺一帯、ジャコウアゲハの乱舞。
    蛹の期間は何日かなっと思い検索してみると、こちらに記事が掲載されていたので大変お勉強になりました。私はメスに惹かれましたが、美しいですね。ありがとうございました。

  3. とおりすがり より:

    都内在住の方ですよね?
    レッドリストに東京都はウマノスズクサが絶滅危惧種として登録されているのをご存知ですか?

    http://jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=06030421731

    ウマノスズクサは現在では希少種のひとつです。
    事前にちゃんとチェックされてから採取されるようにしましょう。
    ご自宅で用意された食草で飼育しないと飼育の度に自生のものを掘り起こして採取されているとそこで育っているジャコウアゲハが絶滅してしまいますよ。
    ご注意ください。

    • それは知りませんでした。
      結局、ジャコウアゲハの飼育は1匹だけで終わりましたので、それ以降、ウマノスズクサの採取はしていません。
      貴重な情報とご親切な忠告に感謝致します。
      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました