飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2144 今年最後の蛹 ネット二様 越冬確認終了

アゲハ飼育日誌2021年第44稿:

■今年最後の蛹は予想どおりの悲しい結末

■住環境が全く違う飼育ネット

■越冬確認終了で全蛹外廊下に移動

■なんと「昆虫すごいぜ!」で画像採用

今年最後の蛹

2021.12.11~17

今年最後の幼虫(アオスジアゲハ)。

蛹にはなれたものの、案の定寄生されていました。

頭部がほんのり黒ずんでいます。

残念。

3日後。

健康な蛹(右側)と並べてみると、明らかに駄目な黄緑色。

頭部の異物がはっきりわかります。

さらに3日後。

スマホのライトに乗せたら驚いたのか、おもむろに動き出しました。

今にも出てきそうでしたが、出てきたのは約30分後。

10倍速。

先の動画を観た時には2匹いると思いましたが、出てきたうじ虫は1匹だけ。

蛹独占で大型化。

ということで、今年最後に保護したアオスジアゲハ野生児3匹は全滅。

予想どおりの悲しい結末でした。

 

ネット二様

2021.12.20~24

現在飼育中の蝶は4頭。ツマグロヒョウモン雄1、雌2、ナミアゲハ雄1頭。

飼育ネットは2つ。

ツマグロヒョウモンは交尾回避のため、雄と雌を分けなければなりません。

ということで、ツマグロヒョウモン雌2頭で1つのネット。ツマグロヒョウモン雄とナミアゲハで1つのネット。

2つのネットは様子がまるで違います。

ツマグロヒョウモン雌:

「ナミアゲハと同居って、大変ね」。
「ほんと。なんであんなに落ち着きないの?」。

ツマグロヒョウモン雄をよく見ると、左の触覚と前脚半分がありません。

ナミアゲハの体当たりで失ったのか。

迷惑な話やなぁ。

12月24日、ナミアゲハ没。

羽化後20日の短命。

一昨年の冬の蝶たちは2か月ぐらい生きました。

暴れ過ぎで寿命が縮んだかもしれません。

ツマグロヒョウモン雄は寿命が延びたでしょう。

 

 

越冬確認終了

2021.12.25

最後のまともな蛹化はいつだったのか。

全くわかりませんが、1か月以上は経っていると思うので、全蛹をダンボール箱に入れて外廊下に置きました。

越冬箱4つ目。

アオスジアゲハの生け蛹。

ジャコウアゲハ専用スタンド。

歯ブラシ立て。

越冬蛹は全部で何匹いるのか。

そのうち数えます。

 

画像採用

なんと、当サイトの画像が「香川照之の昆虫すごいぜ!」(NHK for school)で採用されました‼

それって、すごいことなの?

たぶん。

放送予定は以下のとおり。

●2022年1月1日(土) 9:00~9:44 Eテレ
●2022年1月9日(日) 15:45~16:29 Eテレ(再放送)

採用されたのはガットパージの画像。

撮ったのはわたし。

どんな運びでこうなったのか。

詳細は別記事で。

 

2021/12/28

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

  1. 蝶好き より:

    こんにちは。昆虫すごいぜ!に採用されたとの事でおめでとうございます㊗️凄いですね!楽しみに見させていただきます。実は最近ブログを書き始めました。お役に立てる情報はありませんが、お暇な時に覗いていただけると幸いです。
    https://ameblo.jp/kozakura-chouchou/

    • ありがとうございます。たまたまです。
      ブログ拝見しました。いろいろネタがあっていいですね。今はカバマダラを飼育中ですか。羨ましい限り。参考にさせていただきます。

タイトルとURLをコピーしました