質問がある方はまず ≫ FAQ ≪ をご覧ください

アゲハ蝶の餌【アンケート】砂糖水 蜂蜜 ポカリスエット 濃度は?

アゲハ蝶を保護することにしましたか? であればは何がいいの? 濃度はどれくらい? とお考えかもしれません。

餌の種類や濃度が適切でないと、蝶はちゃんと栄養補給ができません。

アゲハ蝶の代用餌の種類と濃度に関するアンケートを取りました。

その結果を踏まえ、この記事では以下の質問に答えます。

  • アゲハ蝶の一般的な代用餌は何か。
  • 餌の濃度はどれくらいが適切か。
  • 屋内で生花は餌になるのか。

この記事をご覧になれば、適切な餌やりができるようになります。どうぞ参考になさってください。

アゲハ蝶の餌

ここに書いてあることはアゲハチョウの種類を問いません。

広く使われている代用餌は3種類

どんな代用餌が一般的なのか。

ツイッターでアンケートを取りました。

回答は4つしか設定できないため、選択肢は代表的な代用餌3つとその他。

回答数は156票。ポカリスエットが断トツとは意外でした。

「その他」の内訳は概ね以下のとおり。

  • 昆虫ゼリー
  • 蜂蜜と花粉の水割り
  • ランタナ(切り花)
  • アクエリアス
  • リンゴの皮+ポカリスエット
  • 砂糖+蜂蜜+黒糖+酒

いろいろありますね。

果汁も吸います。

スイカはよく吸いました。

アゲハチョウの研究をしているJT生命誌研究館のサイトに、こんな記述がありました。

成虫用の餌には、市販のポカリスエットを与えています。きちんと比較したわけではないのですが、ポカリスエットを与えた成虫が最も元気に活動してくれるように感じています。

JT生命誌研究館・昆虫食性進化研究室

ということで、多くの人が使っているポカリスエットはいいようですね。

我が家では自然由来のものがいいと思って、純粋の蜂蜜を与えています。

砂糖水にするなら黒砂糖など、ミネラルを含む精製されていない砂糖を使ったほうがいいでしょう。

濃度は餌の種類によってまちまち

餌の濃度は大切です。

蝶は口吻(こうふん)と呼ばれるストロー状の細い器官で蜜を吸うため、粘り気が強すぎると吸い込めません

餌の濃度に関してもアンケートを取りました。

これも選択肢が限られるため、無理矢理まとめました。

「砂糖水・蜂蜜10倍程度」が多いのは意外。我が家では 今年の飼育日誌5稿 に書いたとおり、10倍では濃すぎると思って、もっと薄くしています。

足立区生物園のQAにはこう書いてありました。

餌は、蜂蜜を10%(又はスポーツドリンクを2倍)にうすめたものをスポンジやティッシュに含ませて与えます。

足立区生物園・昆虫に関する質問

スポーツドリンクは2倍ということですが、アンケートの回答は原液と希釈で拮抗。

まぁ、どっちでもいいんでしょうね。

屋内で生花は餌になるのか

自然界ならアゲハ蝶の餌は花蜜です。であれば、屋内でも生花から蜜を吸わせればいいと思われるかもしれませんが、そううまくはいきません。

我が家で試したことがありました。

このとおり、花にとまっても蜜は吸いません。

紫外線が十分届かない室内では、ネクターガイド(蜜のありかを示す標識)が見えないので、蜜を認識できないのでしょう。

あとがき

以上、アゲハ蝶の餌について書きました。お役に立てば幸いです。

餌やりの方法に関してはこちらの記事をご覧ください。

2022/4/22,12/16

動画アーカイブはこちら

チャンネル登録お願いします‼

豆知識
趣味のアゲハ館

コメント

タイトルとURLをコピーしました