クロアゲハの一生 卵から蝶まで【孵化・脱皮・羽化の動画】

スポンサーリンク

クロアゲハを育てていますか? 育てていて、わからないことがありますか?

幼虫の育て方に関しては、こちらの記事をご覧ください。

【簡単】アゲハチョウ幼虫の育て方オールインワン 画像動画満載
アゲハチョウの幼虫を育てていますか? この記事をご覧になれば、初めての人でも簡単に育てることができるようになります。長年の経験に基づき、細部に至る点まで丁寧に書いていますので、どうぞ参考になさってください。画像や動画満載です。

この記事ではクロアゲハの一生、卵から蝶になるまでの様子を書いています。

クロアゲハは幼虫も成虫も大きく、貫禄があります。性格は温厚で、人馴れした幼虫は滅多に臭角を出しませんし、成虫は触っても逃げません。

この記事の読むと、クロアゲハのそんな一面もわかります。

孵化、脱皮、羽化、吸蜜の動画もお楽しみください。

クロアゲハの一生

クロアゲハの一生を4つのパートに分けました。

孵化~卵から鳥の糞まで

クロアゲハは卵の段階から大型です。

左の黄色い卵がナミアゲハ、右のオレンジ色の卵がクロアゲハ。

概ね産卵後5日前後で孵化します。

こんなふうに。

このように最初は白っぽい体ですが、すぐに色が濃くなります。

このあと、通常は4回脱皮を繰り返し、終齢幼虫、いわゆる青虫になります。(ごく稀に5齢幼虫で脱皮、つまり5回脱皮する幼虫もいます)。

ナミアゲハと同じように、クロアゲハの若齢幼虫もよく鳥の糞と呼ばれます。

これも擬態ですね。

スポンサーリンク

 

脱皮~鳥の糞から青虫に

これは4齢幼虫が脱皮して、終齢幼虫(青虫)になるところです。

このあと、脱け殻を食べます。

これがどんどん大きくなって、こうなります。

68mmの巨大青虫。

ここまで大きくなるのは稀で、大抵は6cm程度。(ナミアゲハの幼虫はせいぜい5cm止まりです)。

こうなると落ち着いたもので、葉っぱを食べている時に触りまくってもお構いなしです。

一心不乱に食べていますね。

ナミアゲハやアオスジアゲハの幼虫は表面がカサカサしていますが、クロアゲハの幼虫は柔らかくてぷにぷに。触り心地がいいです。

葉っぱの食べ方ではおもしろい習性があります。

こちらの記事をご覧ください。

【発見‼】アゲハチョウ幼虫の観察 餌の食べ方 おもしろい習性
アゲハチョウの幼虫を観察していますか? 気づいたことがありますか? アゲハチョウの幼虫は種類によって外見だけでなく、性格や行動様式も異なります。観察しているうちに、おもしろい習性があることに気づきました。どうぞご覧ください。
スポンサーリンク

 

蛹化~青虫から前蛹を経て蛹に

青虫はやがて前蛹になり、生涯最後の脱皮をして蛹になります。

ナミアゲハの例になりますが、青虫が前蛹を経て蛹になるまでの様子は、こちらの記事でご覧ください。

アゲハチョウ 蛹になるまでの準備 注意を要する3つのポイント
アゲハチョウの飼育をしていて、一番気を遣うのは蛹化の準備ではないでしょうか。アゲハの幼虫が蛹になるまでの間には、注意を要する3つのポイントがあります。この記事では、その点について丁寧に解説しています。参考になさってください。

 

羽化~蛹から蝶に

蛹化後、夏の間であれば2週間前後で羽化します。(羽化までの日数は気温が低いと長くなり、1か月以上かかることもあります)。

こんなふうに。

まっ黒なので、エイリアンが出てくるみたいですね。

羽化した後は翅を広げて乾かし、3時間ぐらいで飛べるようになります。

まともに飛べるようになったら、外に放してペアリングできるようにしてあげましょう。

我が家では放蝶する前に、スイカで栄養補給させたことがあります。

ずっとへばりついて果汁を吸っています。指で突ついても離れません。

2~3時間このままとどまり、飛び立っていきました。

スポンサーリンク

 

あとがき

以上、簡単にではありましたが、クロアゲハの一生、卵から蝶までの成長過程を書きました。

クロアゲハは魅力的なアゲハチョウです。

ナミアゲハと比べれば数は少ないですが、ナガサキアゲハやカラスアゲハほどの希少種ではありません。生息域は広く、本州以南、つまり北海道を除く日本全国で見ることができます。

飼育も特段難しいことはありません。

一度育ててみるのはいかがですか?

 

2018/1/14,2020/8/22

コメント

タイトルとURLをコピーしました