飼育ノウハウは ≫ FAQ ≪ でご覧ください

【発見】クロアゲハ幼虫の特徴 見分け方 食べ物は?

クロアゲハ幼虫にはどんな特徴があるんだろう、他のアゲハの幼虫とどこで見分けたらいいんだろう、食べ物は何だろう、とお考えですか?

この記事ではクロアゲハ幼虫の外見だけでなく、習性や性質の特徴についても書きます。

これまで飼育してきて、いろいろ発見しました。

どうぞ参考になさってください。

クロアゲハ幼虫の特徴

まず、外見の特徴について。

外見(見分け方)

1~2齢幼虫には突起2本

1~2齢幼虫には、頭部と尾部に目立つ突起が2本ずつあります。

左が1齢、右が2齢。

この突起は成長するにつれ、目立たなくなります。

このように、ナミアゲハの幼虫には目立つ突起がありません。

3~4齢幼虫には光沢

3~4齢幼虫になると、光沢が出てきます。

右が3齢、左が4齢。

テカってますね。

終齢幼虫は胸部が太い

ナミアゲハやキアゲハの幼虫は、

このとおり胸部と腹部の太さに極端な差はありません。

それに対してクロアゲハの幼虫は、

このとおり腹部に比べて胸部が太く、眼状紋(フェイクの眼)があるため、頭でっかちに見えます。

モンキアゲハとの見分け方

よく似ているモンキアゲハとの見分け方。

左がクロアゲハ、右がモンキアゲハの終齢幼虫。

どこで見分けられますか?

背中の黒い帯状の模様がつながっていればクロアゲハ、途切れていればモンキアゲハ

概ねそうですが、たまにクロアゲハでも途切れていることがあります

はっきりしてほしい。

若齢幼虫は一目瞭然というわけにはいきません。

それでも、明確な違いがあります。

クロアゲハは黒っぽくてツヤがあるのに対し、モンキアゲハはまだらな茶色です。

さらに、このとおりモンキアゲハは4齢幼虫になると、黄色い斑が出てきます

レモンさん、いつもありがとうございます。

蛹での見分け方はこちらの記事でご覧ください。

習性・性質

次に外見以外の特徴、習性や性質について。

葉っぱの食べ方

柑橘類の葉っぱはこのように食べます。

まず、主脈(葉っぱ中央の太い葉脈)の片側だけを付け根のほうから食べます。

几帳面。

そのあと、残った片側を同じように食べ、残った主脈は切り落とします。

なんでわざわざ切り落とすのか。

おそらく居場所を突き止められないようにするためでしょう。

温厚な性格

性格は温厚です。

葉っぱを食べている時に触りまくってもお構いなし。

触り心地はぷにぷにです。

注意)雑菌が付くので触り過ぎはよくないようです。この時は見識に欠けていました。

揺れて威嚇

突っつくと、体を揺らして威嚇します。

臭角を出す前の段階。

親切な警告? これも温厚な性格だからか。

申し訳ないけど、かわいい。

クロアゲハ幼虫補足情報

クロアゲハの幼虫に関する補足情報も載せておきます。

食べ物

食草は多くのアゲハチョウと同じく、ミカン科植物です。

詳しくはこちらの記事でご覧ください。

見つけ方

クロアゲハの卵や幼虫はどんな所で見つけられるでしょうか。

クロアゲハは翅が熱を吸収しやすいため、薄暗い所を好み、産卵もあまり陽が当たらない葉っぱにすることが多いようです。

なので、こんもりした木の陽が当たらなそうな葉っぱにいることが多いでしょう。

私見ですが、柑橘類の葉っぱにいることが多く、山椒の木では見かけません。

卵はオレンジ色で直径1.5mmほど。

左はナミアゲハ、右はクロアゲハの卵。

ひと回り大きい。

寄生虫

アゲハの幼虫につく寄生虫はいろいろいますが、代表的なのはヤドリバエです。

我が家で育てた幼虫に限って言えば、これまでクロアゲハに寄生したのはヤドリバエしかいません。他のアゲハは寄生バチにもやられています。

たまたまかも。

アゲハの寄生虫に関しては、こちらの記事をご覧ください。

あとがき

以上、クロアゲハ幼虫の特徴について書きました。

ほかにもあれば、是非教えてください。追記します。

クロアゲハの一生はこちらの記事でご覧になれます。

アゲハチョウは種類によって習性や性質が異なり、興味が尽きません。

ほんまか。

2021/6/29,2022/5/17

コメント

  1. ぴかっと より:

    本日,終齢幼虫捕まえて調べたらこちらでクロアゲハと分かりました!

    感謝します〜

タイトルとURLをコピーしました