アゲハ飼育日誌1902 早くもピーク到来 おもしろい動画

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌 2019年第2稿:

今日で3日連続真夏日。東京で5月に3日連続真夏日は観測史上初とか。

それとは無関係と思いますが、今月9日に今季初めて卵を採取して以来、我が家のアゲハ飼育は早くもピークを迎えています。

前回紹介した最初のナミアゲハ2匹、アオスジ荘、ベランダ産卵の子たちに加え、新たに取ってきた卵と幼虫…。餌の確保が大変ですが、かみさんは楽しそうです。

ピーク到来

2019.5.25

室内組の集合写真。

ここにナミアゲハの幼虫が8匹、クロアゲハの幼虫が1匹、アオスジアゲハの卵が3つと幼虫が13匹います。

これらに加えて、ベランダの山椒にナミアゲハの幼虫が9匹。合計幼虫31匹、卵3個。

同時にこれほどのアゲハを飼育したことはありません。

果たして何匹無事に羽化できるか。

スポンサーリンク

 

おもしろい動画

2019.5.23~25

かみさんのiPhoneにアゲハたちのおもしろい動画がありました。

侵入者排除

この記事 に書いたとおり、アゲハの幼虫はホーム(餌を食べていない時の居場所)にする葉っぱを決めているのですが、そこに他の幼虫が入ってくると追い払います。

これはその様子。

このあと、侵入者はそそくさと別の葉っぱに移っていきました。

 

糞飛ばし

幼虫が糞を飛ばすシーンがありました。

ナミアゲハ

 

スポンサーリンク

 

アオスジアゲハ

糞は落ちるのではなくて、なぜか飛ぶんですね。

 

水分補給

切り枝は水気に欠けるため、時々霧吹きで水を掛けます。もちろん、水道水ではありません。安全な水です。

よほど喉が渇いていたのか、飲みまくっています。

こうやって見てみると、顔がよくわかります。前脚がかわいいですね。

スポンサーリンク

 

今季初の前蛹

2019.5.26

5月10日に孵化したナミアゲハ1匹は、5月26日に前蛹になりました。

排泄

ナミアゲハの幼虫は蛹化が近づくにつれ、糞の色が黒から緑に変わります。

このようにしておくと、糞の量や色の変化がわかります。

いよいよ蛹化が近くなると食べるのをやめて、しばらくの間動かなくなり、こうします。

このように、体内の余分なものを排泄します。

多くのサイトではこれを”下痢便”と称していますが、それでは品がないので、正しくは何と言うのか、ご存じの方は教えてください。

 

スポンサーリンク

 

位置決め

排泄が済むと、おもむろに動きが速くなって、さなぎになる場所を探し始めますので、羽化用ケースに閉じ込めます。

これまで何度か行方不明になり、家中を探し回ったことがありましたので。

 

 

あとがき

アゲハ飼育日誌はSEOを気にしなければ、気ままに書けます。ブログ2年目だからできること。

でも、それでいいのか、崖っぷちのブログ。

 


断崖に たたずむおじさん 何思う

 

2019/5/26

コメント

タイトルとURLをコピーしました