アゲハ飼育日誌1915 ナミアゲハ終齢幼虫のミニチュア

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第15稿:

今年のアゲハの飼育が始まって1か月余り。連日の羽化は当然ですが、かみさんが次々に卵や幼虫を採ってくるので、今も幼虫の数が蛹の数を上回っています。

ということで、ピークはまだ当分続きます。このまま秋まで続くかもしれません。

2頭羽化

2019.6.18

前回の日誌 の最後に書いた、エッグスタンド蛹ポケットのナミアゲハと、枯れ枝で蛹化したナミアゲハがほぼ同時に羽化しました。

これより前にアオスジマンションの9頭目が羽化しましたので、この日は合計3頭羽化。

これで今年はすでに、20頭ぐらい羽化したことになると思いますが、今のところ死んだ蛹はなく、羽化不全もありません。

自然界でアゲハの卵が羽化する確率は1~2%ということなので、我が家はアゲハ界にだいぶ貢献しています。

 

スポンサーリンク

 

ミニチュア

2019.6.18

ナミアゲハ終齢幼虫のなりたては2センチくらいでとても可愛く、我が家では”ミニチュア”と呼んでいます。

小さいのに形は完成形なのが、なんとも可愛らしいのです。

こうやって並べてみると、大きさの違いがよくわかります。

色はまだ鮮やかさに欠けますね。胴体の青いラインと白いラインも入っていません。

大きい青虫はよほど変な掴み方をしなければ、臭覚を出すことはありませんが、”ミニチュア”は下手な触り方をするとすぐに出します。

体が小さい分、警戒心が強いんですね。

スポンサーリンク

 

遂に住民ゼロ

2019.6.19

アオスジマンション(我が家最大のクスノキ)最後の住民、10頭目が羽化しました。

夜中か早朝に羽化したようで、朝カーテンを開けたら、すぐ飛び始めました。

外に出すと、ベランダ組のネットにとまり、午後になってもそこにとまったまま。いつの間にかいなくなっていました。

これでやっとアオスジマンションをベランダに戻すことができました。(さなぎが付いている間は寄生虫がこわくて、ずっと部屋の中に置いてました)。

上のほうの葉っぱが食われて、不格好になりましたが、直射日光を浴びれば新芽が出てくるでしょう。

夏本番のアゲハの季節に備えて、たくさん葉っぱを付けてほしいものです。

スポンサーリンク

 

あとがき

これで10日連続投稿。異例のがんばりが続いています。

時々、Yahoo!知恵袋やインスタグラムで、整然と並んだ蛹ポケットの写真を目にします。

中には、1匹ごとに日付を印字した紙が貼られているものもあります。おそらく蛹化した日でしょう。実験室のようです。

そこまでやれば、いろいろなデータが得られていいでしょうね。質問には実測値で答えられます。

私やかみさんには真似のできない芸当です。だからこそ、このような日誌を書き続けられるのではないかと思ったりもします。

 

そこそこで 満足すれば まだ続く

 

2019/6/20

コメント

タイトルとURLをコピーしました