アゲハ飼育日誌1933 貴重な卵明暗 おしりであっかんべー

アゲハ飼育日誌2019年第33稿:

まだ蛹のほうが多い状態ですが、卵と幼虫は徐々に増えてきました。

まだ8月初旬。どこまで増えるか。かみさん次第です。

本稿のトピックはいずれも前回の続き。卵と幼虫、蛹のその後。

貴重な卵と幼虫

前回の日誌 に書いた貴重なアオスジアゲハの卵2つと幼虫1匹。

卵明暗

2019.8.3~5

卵は明暗が分かれました。1つはおそらく孵化しません。

 

同じ蝶から一緒に産まれた卵ですが、色がぜんぜん違ってきました。

上のほうは産卵から3日目でこの色。明らかにおかしいです。

アゲハの卵は孵化が近づくと黒ずんできますが、それとは違う空疎な黒ずみ。

おそらく死んでいます。

翌日、下のほうの卵は無事孵化しました。

 

1つは孵化して、1つは孵化しなかったのはなぜか。

同じ親から産まれて1つだけ無精卵のわけはなく、産卵直後一緒に採取して1つだけ寄生されているとは考えられず。

こういうもんですか。

スポンサーリンク

 

幼虫はすくすく

2019.8.5

幼虫はすくすく成長しています。

これはおそらく3齢幼虫から4齢幼虫に脱皮したところです。

これって、「あっかんべー」しているように見えませんか? 😝

 

「あっかんべー」は糞詰まりだったんですね。

スポンサーリンク

 

​10匹中2匹羽化

前回の日誌 に書いた10匹の蛹のうち2匹が羽化しました。

薄緑の蛹

2019.8.3

最初に羽化したのはナミアゲハ薄緑の蛹でした。

これは張り付いた枝が明るい茶色だったせいか、淡い緑色の蛹になり、ぜんぜん擬態になっていないどころか、思いっきり目立っていました。

明るい茶色になるのは難しかったのか。人工的な空間で、うまく擬態できなかったのでしょう。

天敵はいないので問題ありませんが。

スポンサーリンク

 

茶色の蛹

2019.8.4

次に羽化したのはナミアゲハ茶色の蛹。

前述のさなぎと違い、これは見事な擬態でした。

これも。

 

あとがき

前回の日誌で書いたカブトムシには、思わぬ反響がありました。

甲虫が好きな人は男性が多いようですね。カブトムシよりクワガタムシのほうが高価で、人気があるようです。

「男はいくつになっても子供」とよく言われますが、こんなところでもそう感じます。

もちろん、私も。

 

2019/8/6

コメント

タイトルとURLをコピーしました