アゲハ飼育日誌1919 蛹化@クスノキ 羽化@虫かご

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第19稿:

きょうは梅雨の晴れ間。夕方になってナミアゲハが1頭羽化しました。

前回に続いて、またお泊りですが、明日も晴れるようなのでよかったです。

飼育日誌はこれで15日連続投稿。ようやく1日前のトピックに漕ぎ着けました。

蛹化@ダンボール箱

2019.6.22~23

ナミアゲハの幼虫2匹が水様便をして、徘徊を始めましたので、ダンボール箱に入れました。

糸掛けの位置を決めた幼虫。

前蛹。

前蛹になると、”顔つき”がだいぶ変わりますね。

丸顔から細面に。個人的には丸顔のほうが好きです。

スポンサーリンク

 

蛹化@クスノキ

2019.6.23

最近、ビン刺しのアオスジアゲハ幼虫は、蛹化が近づくとクスノキの鉢植えに移しています。

ここに蛹が4匹前蛹が2匹います。どこにいるかわかりますか?

正解は こちら です。

これは簡単ですね。赤い丸が蛹、青い丸が前蛹です。

6匹とも葉っぱの裏に張り付いています。今まで1匹だけ葉っぱの表に張り付いた蛹がいましたが、それは羽化しませんでした。寄生されていたようです。

小さいクスノキなので、場所取りで競合しないようにかみさんがうまく散らしていますが、これ以上の収容は厳しそうです。

スポンサーリンク

 

羽化@虫かご

2019.6.23~24

午後6時前、虫かごのナミアゲハが羽化しました。

虫かごは靴箱の上に置いてあり、かみさんが出かける時に気づきました。

ノーマークの蛹で不意打ちの羽化。この時間帯の羽化も稀です。

ご覧のとおり、枝の先がなく、伸びた翅を乾かすのに困っていましたので、水平の枝に移したのですが、指を出したら必死にしがみついてきました。

この段階では翅がまだしっとりしていて、重そうです。

飛べるようになる頃は夜も遅く、外は雨が降っているので、この日はお泊り。

翌朝はこんなところに。

火災警報器。鳴らなくてよかった。

午後雨がやんでから、元気に飛び立っていきました。

スポンサーリンク

 

山羊の脱け殻

2019.6.24

前述のアオスジアゲハ前蛹が1匹脱皮しました。

これは最後の場面。

このあと、3分ぐらいくねくねしていました。

きれいな緑色です。

このあと、見事に擬態していきます。

 

脱け殻。おしりのほうが顔に見えなくもありません。

山羊の脱け殻。

 

2019/6/25

コメント

タイトルとURLをコピーしました