アゲハチョウの飼育ノウハウはFAQにまとめてあります。

アゲハ飼育日誌2132 越冬蛹集結 想定内の羽化 ナガサキ蛹化

アゲハ飼育日誌2021年第32稿:

■短日処理をしたみなし越冬蛹が続々集結

■アオスジアゲハ想定内の羽化

■ヨトウムシ土の中に潜伏

■ナガサキアゲハ遂に蛹化

■ラーメン屋のスミレに異形ツマグロヒョウモンの幼虫

越冬蛹集結

2021.10.12

我が家では短日処理をして、蛹化後3週間経過しても羽化しなければ、越冬蛹になったとみなしています。

こんな感じで溜まってきて、

置ききれなくなってきたら、

ダンボール箱に収容。

これは蛹が張りついた枝をくっつけた寄せ木。

7匹いる。

現時点で、みなし越冬蛹は40匹ちょっと。

幼虫がまだ20匹ぐらいいるので、昨年の58匹を超えそうです。

 

想定内の羽化

2021.10.12~13

おやっ。

色づいてきた。

これは夜も明るそうな所にいた幼虫だったので、羽化は予想していました。

翌日。

いつもどおり、よたよた。

15時11分。珍しい時間帯の羽化でした。

明るい所にいたせいか、発色はいいですね。

ピンボケであった。残念。

 

ヨトウムシ潜伏

2021.10.13

ヨトウムシが葉っぱを食べなくなったので、蛹化の時期と判断。

葉っぱを取り除いて、土を入れました。

いつもの死んだふり。

と思いきや、すぐ土に潜りました。

今年羽化するのか、越冬するのか。越冬の条件はアゲハチョウと同じなのか。

さぁ。

しばらくしたら、掘り起こしてみます。

 

ナガサキ蛹化

2021.10.13~14

5年ぶりのナガサキアゲハ。

遂に糸かけを始めました。

延々続くので一往復だけ。5倍速。

うちに来て9日目。

糸かけ終了後。

翌朝脱皮。

脱皮直後はこのように目、触覚、口吻の位置がはっきりわかります。

夕方には落ち着いた色に。

超希少種は特別待遇。

いいなぁ。

採取時すでに終齢幼虫だったので、寄生されているかもしれませんし、羽化する可能性も十分あります。

これから3週間様子を見ると、11月初旬。

放蝶は厳しいかもしれません。

 

ラーメン屋の異形

アゲハの餌を採らせていただいているラーメン屋さんに、今年もかみさんが栗の渋皮煮を届けました。

スミレにはいまだ飼育経験がないツマグロヒョウモンが。

異形。

これは触れない人が多いでしょうね。

 

2021/10/15

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました