アゲハ飼育日誌1929 寄生の予感 小型羽化 3種類の糞

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2019年第29稿:

関東の梅雨明けは台風接近のせいとかでお預け。いったいいつ明けるのやら。

一昨日鳴いたミンミンゼミはあれっきり。梅雨明けが延びたことに気づいたか。

本稿は暗い話題から。あしからず。

寄生の予感

2019.7.21

アオスジアゲハの蛹に怪しい黒点が現れました。

おそらく寄生虫です。

去年のいやな記憶がよみがえりました。黄色く変色して体液が染み出たぶよぶよの蛹。

興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

【発見‼】アゲハチョウの蛹が変色 生きているのか死んだのか
アゲハチョウの蛹が変色しましたか? 擬態の変色とは違うような気がしますか? 蛹は生きているのか、死んでいるのか、わからない時がありますよね。この記事をご覧になれば、概ね見当がつくようになります。参考になさってください。

去年の例では、蛹に黒点が現れることはありませんでした。となると、今回はこれからどうなるのか。

見守っていくしかありません。

スポンサーリンク

 

小型羽化

2019.7.21~22

前々回の日誌 に書いたナミアゲハ小型蛹が色づいてきました。

3センチ弱。稀に見る小型ですが、翌朝無事に羽化しました。

成虫も春型のような小型。

小さくても健康体です。元気いっぱい飛んでいきました。

スポンサーリンク

 

ベランダは危険

2019.7.22

ナミアゲハの幼虫4匹が付いているベランダの山椒を室内に入れました。

なぜかと言うと、1匹の幼虫がこうなっていたからです。

臭角が1本出たままで、上半身に黒い染みのような箇所があります。

もしかしたら、これも寄生されているのか。

蛹になってみないとわかりません。いたって元気で、もりもり葉っぱを食べています。

寄生されているとしたら、だれのために食べているのか、と考えてしまいます。

翌日。出っ放しになっていた臭角は干からびてしまったようです。

前脚もちょっと様子がおかしいように見えますが、気のせいでしょうか。

やっぱり、ベランダは危険です。

スポンサーリンク

 

糞3種類

2019.7.23

ナミアゲハやクロアゲハの糞は基本、以下の3種類です。

①乾いた黒い糞(右上)、②水気がある糞(右下)、③水様便(幼虫最後の排泄物)。

②の色は食べている葉っぱによって、黒だったり緑だったりします。

②は③が近い証拠。③が出たらさまよい始めますので、飼育ケースに閉じ込めます。

糞の変化を見逃さないために、終齢幼虫は1匹ずつビン刺しに乗せています。

スポンサーリンク

 

あとがき

最近、アオスジアゲハの幼虫や卵が見つからないと、かみさんが嘆いています。

ナミアゲハはすぐ見つかるそうですが。

アオスジアゲハの幼虫は寄生される確率が高いそうですね。我が家では謎の変死もありました。

今年はアオスジアゲハ受難の年にならなければいいのですが。

 

2019/7/25

コメント

タイトルとURLをコピーしました