アゲハ飼育日誌2019 便一雫「蛹便」お詫びと訂正

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第19稿:

本稿は便の話だけになります。

お詫びと訂正もあり、申し訳ありません。お詫びの前のお詫び。

便一雫

2020.5.29~30

少々マニアックな話ですが、こんなことがありました。

動きがおかしいナミアゲハ終齢幼虫。

動きからして、まさかこれが蛹化前の最後の便? と思っていたら、徘徊を始めました。この幼虫はまだ3センチ程しかありません。(終齢に脱皮後の経過日数は不明)

通常の蛹化前の便はこんな感じです。

蛹化前の便は、蛹になる前に排泄する余分な体液なので、通常はこのような緑色の水様便になります。

ここに至る幼虫の大きさは概ね4センチ以上。

これまで3センチで蛹化したナミアゲハは記憶にありません。

こんな小さな前蛹になりました。

これまでにない小さなナミアゲハを見れそうです。

 

追記(2020.6.11):

昨年の日誌22稿 に全く同じようなことを書いていました。申し訳ありません。約1年前のことですが、すっかり忘れていました。お詫びに次ぐお詫び。

スポンサーリンク

 

お詫びと訂正

と、本稿を書いているうちに、大きな間違いに気づきました。

これまで当サイトでは、アゲハの幼虫が前蛹になる前に排泄する水様便のことを、「蛹便」と称していましたが、蛹便というのは、羽化する時に排出する体液のことでした。

さなぎから羽化するときに排出される体液。チョウなどの完全変態をする昆虫の一部にみられる。折りたたまれた羽を展開するとき、翅脈に体液を圧送するが、その余分な体液を便として排出するもの。羽化液。― デジタル大辞泉

 

大変申し訳ありませんでした。

これからブログの記事をさかのぼり、できる限り「蛹便」を別の言葉に置き換えます。

Kindle本も修正しますが、購入してくださった方には大変申し訳ありません。Amazonは、この程度の修正ではアップデートしてくれないと思います。

初めて使う言葉は、定義をちゃんと読まないとだめですね。

お恥ずかしい限りです。

スポンサーリンク

ツイッターでも「お詫びと訂正」の投稿をしました。

 

ということで、蛹化前の水様便は何と言うのか。専門用語の正式名称はあるのか。

調べてみたところ、見つかりません。

ご存じの方は教えてください。

「下痢便」と書いている人が多いですが、言葉の響きがどうも…。

と思いますので。

 

2020/6/9

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

  1. A. pernyi より:

    ブログ拝読致しました。
    アゲハの幼虫、かわいいですね!

    幼虫が蛹になる前にする「最後の排泄(物)」のことを、カイコの研究者の間では「ガットパージ(Gut purge)」と呼んでいます。これに対応する専門の日本語を知りませんが、直訳すれば「腸を一掃すること」です。

    • 「ガットパージ」、初めて聞きました。早速ググってみたところ、カイコ以外でも使われています。次回紹介させていただきますね。貴重な情報に感謝致します。ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました