アゲハ飼育日誌2032 ジャコウアゲハ急成長 脱走組

スポンサーリンク

アゲハ飼育日誌2020年第32稿:

今日も曇天。東京は梅雨らしい天気が続いています。7月3日以降、晴れた日は皆無。

虚ろな空にアゲハを放つ日はいつまで続くのか。

急成長

2020.7.9~

前回に続き、虎の子ジャコウアゲハの続報です。

脱皮

7月9日19時15分、2度目の脱皮。

最初の脱皮は7月7日12時12分なので、2日と約7時間後です。

3齢幼虫接写。

7月12日15時26分、3度目の脱皮。

2度目の脱皮から2日と約20時間後。脱皮の間隔が短すぎるように感じます。

これはおそらくレアなケースだと思いますが、ネットで得られる情報は少ないので、はっきりわかりません。

スポンサーリンク

 

大食?

ジャコウアゲハは食欲旺盛と言われますが、果たしてそうでしょうか。

食草とするウマノスズクサは、柑橘類と比べると葉っぱが薄く柔らかいので、たくさん食べているように感じるだけではないでしょうか。

ナミアゲハが山椒の葉っぱをたくさん食べるのと同じ理屈です。

このとおり、アオスジアゲハのような早食いでもありません。

ただ、ウマノスズクサの自生地は少ないので、餌の調達が大変です。

我が家で養えるのは、今のところ1匹が限度です。

スポンサーリンク

 

脱走組

今年はよく脱走されます。

無事に羽化

2020.7.10

今年の日誌29稿 に書いた行方不明のナミアゲハが、蝶になって出てきました。

かみさんの肩越しに、どこからともなく現れたとのこと。

ただ、このとおり、片方の前翅が少し折れています。

おそらく狭い空間で羽化して、翅を完全に伸ばせなかったのでしょう。

いったい、どこで羽化したのか。

それでも、何とか飛べるのでよかったです。

安堵。

 

無事に蛹化

2020.7.12

今度はアオスジアゲハの終齢幼虫が、1匹いなくなっていました。

かみさんが散々捜しても見つからず、あきらめかけていましたが、私がふと目をやると、

ゴミ箱に張り付いていました。

新鮮な葉っぱを求めて脱走したと思っていたのですが、

このとおり体が透き通ってきているので、ガットパージ(蛹化前の排泄)のためでした。

ビン刺しの枝には、落ち着いて排泄できる葉っぱがなかったのでしょう。

ガットパージの後、ワンダリング(蛹化の場所探し)が始まったので、ビン刺しに移したところ、無事に蛹化しました。

ビン刺しでの飼育にはこういう難点があります。

スポンサーリンク

 

余聞

冒頭でも述べたように、放蝶を躊躇するような日が続いていますが、最近はよほどの悪条件でなければ、羽化した蝶はなるべく早く放しています。

部屋の中にいると、人間の不注意もあり、翅を傷付けてしまうことがあるからです。

予め羽化しそうな蛹は並べておき、

羽化したら、このように写真を撮ってから放しています。

この日はナミアゲハが5頭飛び立っていきました。

羽化ラッシュはまだ続いています。

 

2020/7/16

アゲハ愛好会 その他ペットブログ・テーマ
アゲハ愛好会

コメント

タイトルとURLをコピーしました